過失割合は責任が小さい方が交渉は不利になる?

元担当者のタキノベです。

過失割合の交渉には、有利不利があるのをご存知でしょうか?
一番の要因は保険会社の力や担当者の力量ではないのです。
じつは過失が少ない方が不利になりやすいのです。

過失割合とは事故の起こった原因が、何パーセントずつ責任があるか、という割合です。
80:20であれば片方が80%負担、もう片方が20%の損害を負担するということです。

過失が少ない方とは、つまり責任が小さい方です。

責任が大きい方、つまり悪い方が過失交渉は有利になることが多いのです。

理不尽な話ですよね。
責任がない人の方が交渉は不利になるのです。

実態について説明していきます。

なぜ過失が小さい方が不利になるのか

それは過失が小さい方が受け取る金額が多いからです。
過失が決まらなければ、相手から金額を受け取ることは出来ません。
もちろん、こちら側も相手に払うことはないですが、こちら側は責任が少ないのでもともと払う金額が少ないのです。

つまり過失が決まらずに長期戦となった場合、修理費用は自分で立て替えなければいけません

大きい損害であれば修理費用は当然大きいです。

具体例をあげて見てみましょう。

AさんとBさんの車同士の交通事故

過失割合は本来Aさんが10%、Bさんが90%(10:90)。

Aさんの修理費用は50万円

Bさんの修理費用は30万円

Aさんの保険会社が過失10%であることを主張したとします。

しかしBさんの希望でBさんの保険会社がAさんの責任は30%であると主張。

当然Aさんは納得しませんので、交渉は平行線となります。

平行線になって、なかなか解決しない場合は、それぞれが自分の修理費用を立て替えなくてはいけません。

本来なら、Aさんは10%分しか負担する必要が無かったのです。

50万円×10%+30万円×10%=合計8万円の支払いで済むはずが、

一旦50万円を支払わなくてはなりません。

一方相手側は、もともと90%分の支払いをしなくてはいけませんので、

50万円×90%+30万円×90%=72万円払う予定です。

なので、一旦30万円の立替、というのは別に困る話ではないのです。

そうなると、長期戦になると過失が小さい方であるAが不利になってしまいます。

立替が難しい場合、納得できなくでも相手の言い分を飲むしかなくなってしまう、という状況になってしますのです。

車両保険が付いていれば不利にはならない

車両保険が付いていれば不利になることはありません
保険を使うことが前提ですが。
車両保険で自分の修理費用を払ってしまえば、自分が立て替える必要がなくなるのです。
保険会社が払っているのですから。
なのでじっくり過失交渉をすることが出来るのです。

車両保険で払ったのであれば、ぶっちゃけた話、過失割合が何対何になろうとあなたには影響ありません

相手の修理費用を何パーセント分を対物保険で払おうと、あなたが自己負担で払う金額はないからです。
過失割合によって、等級が変わったり保険料が変わるということはありません。
なので車両保険を使うのであれば過失を譲って早く解決してスッキリするというのも1つの手です。

ただ車両保険を付けるのと付けていないのでは保険料が変わります。

車両保険を付けた場合の保険料を知りたい方は一括見積をおススメします。

一括見積もりはもちろん無料です

一括見積はこちら

ただ車両保険が付いていない、もしくは保険を使わないのであればそうはいきません。
相手が明らかに悪いのに、それを認めずに示談をしてくれないという理不尽な方も中にはいます。
そんな時の対処法は1つです。

相手が理不尽な主張をする場合は弁護士で対処するべき

どんな正論を述べても過失に納得しない、理不尽な加害者は存在します
保険会社が行うのは話し合いでの示談。
何を言っても相手が納得しなければ話は進みません。

そんな時一番効果的な方法は弁護士を入れることです。
保険会社は話し合いの示談しかできませんが弁護士はそうではありません。
弁護士は裁判を起こすことができます。
弁護士が出てくる=すぐ裁判ではありません。
ただ相手としても、裁判になってしまえば分が悪いことは想像がつきます。

相手

相手
このまま主張を続けて、裁判になって面倒なことをするのは困る。

裁判で勝つのも難しいかもしれない

という心理が働くので、裁判になる前に示談成立となるケースは多いです。

もちろん、裁判になっても構わない、という方もいます。

その場合は弁護士に裁判で戦ってもらえばよいのです。

弁護士特約に入っていれば、裁判費用なども補償範囲内です。

もちろん絶対勝てるという保証はありませんが、相手が理不尽な主張であれば、こちらの主張が通る可能性が高いです。

客観的に見て、過失がどうなのかは、自分の保険会社や弁護士に相談してみましょう。

当事者の感覚は、客観的な視点とは違っている可能性もあります。

弁護士に相談は無料で出来るので、お気軽に相談してみましょう。

無料弁護士相談はこちら

 

まとめ

以上、過失割合は責任が小さい方が交渉は不利になることについてでした。

理不尽に感じるとは思いますが、現実的に起こりうることなのです。

そういった場合には保険会社や弁護士に相談するのが一番です。

弁護士法人FLAT

関連記事

保険会社が同等クラスの事故代車を用意してくれない!対処法は?

全損と言われたときの時価額の交渉方法について

全損の時の代車期間は2週間が限度?延ばすための交渉方法は?

error: Content is protected !!