台風の被害の場合、車両保険は対象?等級はどうなるの?

台風が発生する季節になってきました。
保険会社で勤務時代、台風が発生するニュースを見るたびに憂鬱になっていました。
それは台風の被害によって、仕事が忙しくなるからです。

台風はたくさんの車にも損害を与えていきます

台風被害に遭った場合、保険の対応はどのようになるのでしょうか?
ケースも踏まえてみていきたいと思います。

台風による強風で、物や石が飛んできてボディに傷がついた場合

車両保険が付いている場合、対象となります。

飛来・落下物との接触、という扱いなので1等級ダウンです。

車対車+A(エコノミー+A)特約の場合も対象となります。



台風による大雨で冠水被害にあった場合

これは台風に限らず、ゲリラ豪雨でもそうですが、冠水被害は車両保険がついていれば対象となります。

車対車+Aでも同じく対象となります。

その他偶然の事故という扱いのため、等級は1等級ダウンとなります。

 

台風の強風に煽られてドア開け時、隣の駐車中の車に接触

車両保険もしくは車対車+Aで対象となります。

等級についてはどう思いますか?

これは3等級ダウン事故の扱いになります。

通常の事故とみなされるのです。

隣にいた車の損傷はどうでしょうか?

こちらは対物保険(他人の車が前提)で対象になります。

同じく3等級ダウンです。

車両保険だけを使っても、車両保険・対物保険両方を使っても3等級ダウンは同じです。



台風の強風に煽られてドア開け時、隣の壁に接触

先ほどの例に似ていますが、接触した対象物が変わります。

この場合はどうでしょうか。

車両保険が付いていれば当然対象になります。

しかし、先ほどの例と違う点は、車対車+A特約は対象外ということです。

車同士の事故ではないので、車対車+Aは対象外なのです。

等級は同様に3等級ダウンです。

車両保険がついていなくても、壁に損傷がある場合は、壁の賠償は対物保険の対象になります(壁の所有者が他人であることが前提)。

 

以上台風の損害におけるケース別の対応についてでした。

車両保険が付いていれば、基本的には対象になるでしょう。

しかし、車対車+Aの場合はケースによって変わってくる場合があります。

保険会社によって約款が異なる場合があります。

被害に逢った時にはまず保険会社へ連絡しましょう。

また等級も何等級ダウンなのか確認も必要です。

3等級ダウンで、損害も軽微の場合、保険を使わない方が得の場合もあります。

被害に逢ったらまずは保険会社と相談いたしましょう。




関連記事

調査をします、という保険会社の本当の目的とその真意とは?

雹(ひょう)被害に遭ったけど車両保険は対象?等級はどうなるの?

保険会社から提携の修理工場を勧められたけど入庫するべき?

事故のすぐ後に保険加入したらどうなるのか?アフロスは犯罪!

事故対応・示談交渉中で保険解約、他社へ乗換は出来るのか?

被害者にお見舞いや謝罪をするべきか?菓子折りの相場は?菓子折り費用は保険で出るの...

error: Content is protected !!