車が高く売れるオススメのタイミングとは?何月に買取に出す?

車は売る時期や条件、タイミングによって、査定額が変わります。

決算期前がいいのか?車検更新後に買取に出すべきか?

損をしないためのポイント・考え方について説明いたします。

>>今愛車ががいくらで売れるか調べる

車が高く売れる時期は1~2月と8月~9月

理由は明確で、この時期は車を買う人が多いからです。
特に就職や異動の時期になる3月は1年の中で最も車を買う人が多い月となります。

ディーラーの立場で考えると、車が売れる時期の前に車の在庫を用意しておきたいという気持ちになります。
そのため3月の前の月である1~2月のうちに在庫を確保しておきたくなります。
在庫がなく、納車が間に合わなければ「ほかの店で買います。」などと言われてしまうからです。
なので少し高い価格になっても買取を行ってくれます。
同様の理由で8~9月も買取価格が高くなる傾向があります。

モデルチェンジ前に売る

車のモデルチェンジが行われれば、当然型落ちの車は価値が落ちます。
新しい型の車が発売された後よりも、モデルチェンジが発表された時点で、査定が下がる可能性があります。

新しい型の車の方が需要が高まるからです。

モデルチェンジと言っても、フルモデルチェンジ、マイナーチェンジの2種類があります。

どちらのモデルチェンジでも、実施されれば査定は落ちます。特にフルモデルチェンジの発表の方が価格は落ちるでしょう。

マイナーチェンジは約2年ほど、フルモデルチェンジは約4年ほどのペースで実施されるのが一般的です。

車買取を考えているのであれば、モデルチェンジ前に売った方がお得でしょう。

修理する前に車を売る

査定に出すときに、車を修理してから売ろうと考える方が多いです。

買取に出す予定があるならば、修理前に査定に出しましょう。

確かに傷がついていれば査定は下がります。

しかし、修理費用がかかった分以上に査定額がアップすることはありません。

事故で買替を考えているのであれば、修理する前に売却することが正解です。

もちろん、買替の予定がなく、修理してそのまま車を使うのであれば、修理しましょう。

事故にあったら車を売る

事故にあったら車を売ってしまうのも1つの選択肢です。

もちろん事故の大きさにもよって変わってきます。

例えば大きな事故で修理することが出来ないような損傷だったら、買い替えるしか方法はありません。

あまりに大きな損傷があった場合は、なんとか修理できたとしても今後走行になんらかの支障が出てしまう可能性もあります。

安全を考えると大きな事故にあったら、修理できたとしても、修理せずに車を売ってしまった方がいいかもしれませんね。

素人目でぱっと見ても廃車と分かるような傷でも、意外な値段で売ることがしばしばあります。

全損でも諦めずに車査定をしてみましょう。

思わぬ金額になるかもしれませんよ。

そして、実は小さな事故でも車を売ってしまった方がいい可能性があります。

コツとしては、保険を使うあるいは相手の保険で修理費用を現金で払ってもらうことです。

知らない人が多いのですが、保険は修理をしないで修理費用を現金でもらうことが出来ます

※関連記事「事故で傷ついた車を修理しないで保険金をもらうことが出来る

この手段を利用して、修理費用を現金で受け取り、さらに車を売ってしまうのです。

保険金と車の売ったお金を合わせて新しい車を買うことが出来ます

事故に遭ってしまったら、まず自分の車がいくらで売れるか確認してみましょう。

>>車ががいくらで売れるか調べる

 

車を売るなら車検前・車検後はどっちがお得?

車検が切れる前、更新した後、車を売るならどっちがお得ですか?
というのはよくある質問です。
これは断然、車検更新前に買取に出した方がお得です。

車検更新したばかりであれば、確かに査定は上がります。
しかし、車検にかかる費用以上に査定額がアップすることはありません。
車検にかかる費用は
・自動車重量税(車の重量に応じてかかる税金)
・自賠責の保険料(他人の怪我を補償する強制保険)
・印紙税(申請するときに必要)
・検査料
・事務手数料
がかかります。
もし車検に通らないような傷・破損があればさらに修理費用がかかります。

これらの費用以上に査定額がアップということはあり得ないのです。
もし、買取を考えているのに、車検を通してから
出そう、と考えているのであればそれは大変もったいないことをしています。
車検前に車を売ってしまった方がお得です。

売る時期を意識しすぎない

車を売るなら、1月~2月・8~9月や、モデルチェンジ前、車検前などが確かにお得な時期とされています。

しかし、車の査定の基準となるものはその他にもいろいろな要素があります。
走行距離・年式なども大きく影響してきます。


高くなる1月や2月まで待とう。

車検もまだまだ残っている。車検ギリギリに車を売ろう。

などと考えているのは大変危険です

いつ新しいモデルが発表されるか分かりません。

時間が経てば経つだけ車はどんどん古くなりますし、走行距離がどんどん増えていきます。

1月~2月、8~9月が高く売れる傾向がある、というのはあくまで同じ条件で比較した場合です。

古くなったり、走行距離が増えればそれだけ車の価値は下がるのです。

あまり時期は意識しすぎないのがポイントです。

高く売れる時期を狙う、というよりは損をしないタイミングであれば、今現在が一番の売るタイミングと考えるべきです。

まとめ

車を売るタイミング、というのはいろいろな場面でチャンスがあります。
しかし、あまり難しく考える必要はありません。

欲しい車がある
車検が近づいてきた
事故に遭ってしまった
そろそろこの愛車も古くなってきたなぁ

そんな理由があれば、それはれっきとした車を売るタイミングです。
車を売る理由があるのに、高く売る時期をずっと見計らっていては、どんどん買取価格が安くなってしまう可能性が高くなります。

いつが売るのがお得なタイミングなのか?と考えているあなたは、車を買取に出す理由があるのでしょう。
お得なタイミングを探すよりも、損をしないこと・今売らないリスクを考えてください。

走行距離が増えてしまう
車がどんどん古くなっていく
新しいモデルが発表されるかもしれない

いつでも車の査定が下がるリスクは潜んでいます。
時期についてはあまり深く考えないほうがよいでしょう。
車を売ったらいくらになるのか?
新しい車を買ったらどんな生活が待っているのか?

そんなことを考えながら車買取の査定をするのが一番おススメの方法です。

 

車を高く売るならユーカーパック

車を高く売るのであれば、ユーカーパックがオススメです。

ユーカーパックは最大2000社の買取業者が競って入札します。

一括査定よりも高く売れる可能性が高いです。

また、買取業者には車両情報のみが伝わるので、個人情報は流れません。

そのため、営業の電話が来るといった心配は一切無用です。

カンタンな情報を入力するだけで、無料の査定が出来ます。

もちろん査定の金額に納得がいかなければキャンセルすることも可能です。

1分ほどで入力も終わります

車を高く売りたい方、車がいくらで売れるのか知りたい方はぜひお試しください。

車がいくらで売れるか調べる

 

関連記事

事故で傷ついた車を修理しないで保険金をもらうことが出来る

どこからが事故車・修復歴ありの査定になるのか?その基準とは

知っておくと便利!ボディカラーで車買取査定が高くなる?