人身傷害保険、搭乗者傷害保険の補償内容と違いについて

任意保険には4種類の保険があります。他人の車を補償する対物保険、他人の怪我を補償する対人保険、自分の車を補償する車両保険。そして最後が自分(同乗者)の怪我のための人身傷害保険(人傷)・搭乗者傷害保険(搭傷)です。



人傷と搭傷の違い

保険金の違い

大きな違いとしてはまず保険金の支払われ方です。人傷は実損払いといって、実際の怪我の症状や通院費用によって支払い金額が異なります。
搭乗者傷害保険は一回通院すると○円、○回以上通院すると○円もらえる、といった定額の保険です。逆に何十回と通院回数が増えても多くもらえるわけではありませんしかし一回や二回の検査通院だけで終わる場合はこちらの方がお得な気もします。

対応の違い

搭乗者傷害保険は定額保険なので、保険会社が病院へ連絡する、といった対応は出来ません。
人身傷害保険は病院へ連絡できます。ただし、過失事故で相手の過失(責任)が大きい場合は相手の保険会社が病院へ連絡することが一般的です

補償範囲の違い

搭乗者傷害保険は文字通り、車に搭乗中の怪我に限ります。それも契約している車のみです。
人身傷害保険は契約車両に搭乗中の怪我はもちろん、他の車(他人の車)に乗っていた時の怪我も補償されます。さらには、歩行中に車と接触してしまった怪我や自転車に乗っていた時に車と接触した怪我なども補償されます。歩行中や、自転車の際はあくまで相手が車だった時に限られますが、搭乗者傷害保険よりも補償範囲が広いです。
ちなみに人身傷害保険は車内のみ補償特約と言って、自転車や歩行中の事故は補償されない特約もあります。特約によって補償範囲を制限することで保険料を抑えることが可能です。

人傷、搭傷の使用は等級はノーカウント扱い

人身傷害保険、搭乗者傷害保険のみの使用であれば、保険を使っても等級には影響がありません。つまり人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使っても、事故をしてなかった時と同じように次の年は1等級上がるのです。
他の保険種目の対人・対物・車両保険は3等級ダウンです。ノーカウントというのは人身傷害保険、搭乗者傷害保険の大きな特徴でもあります。

結局人傷、搭傷はどっちに入った方がいいのか

どちらがという答えはありませんが、大きな怪我のことを考えると人身傷害保険の方が安心かと思いますただ搭乗者傷害保険は定額で出る保険なので場合によってはすぐに治療が終われば、かかった治療費よりも多くもらえることもあります。
ちなみに両方入ることも出来ます。
どちらかを選ぶのであれば、人身傷害保険を選んでいる人もしくは人身傷害保険と搭乗者の両方という方がほとんどです。



人身傷害保険を付ける上で損しない方法

人身傷害保険を加入している方で、損をしてしまっている方がいるので説明いたします。注意するべき人は車を2台以上加入している方です。人身傷害保険は歩行中や自転車での交通事故も補償範囲と説明しました。しかしこれは所有している車であればどれでも良いので、2台以上所有の方は1台の人身傷害保険があれば良いのです。2台目以降付いていても、無駄に重複してつけているだけで、保険料も損をしてしまいます。2台目以降は人身傷害保険は車内搭乗中特約にして、補償範囲を限定させましょう。
ここで注意点は2台目以降は人身傷害保険自体を外してしまわないことです。人身傷害保険自体を外してしまうと、肝心な契約自動車に乗っていた時の怪我は補償されないので気をつけましょう。

以上人身傷害保険・搭乗者傷害保険についてでした。
任意保険の種類については以上となります。
今後は特約などについても説明していきます。



関連記事

任意保険の種類 対人保険の補償内容について

年齢条件、運転者限定で保険料を安くする!落とし穴に注意!

任意保険の種類 対物保険の補償内容とは

任意保険の種類 車両保険の補償内容と特約について

弁護士費用特約のメリットデメリット・弁護士の選び方について

error: Content is protected !!