相殺払いとクロス払い 過失事故の2種類の支払い方法とは?

元事故担当者のタキノベです。

今回は過失事故(80:20など双方に責任が発生する事故)の支払い方について説明します。

知っておくと、保険を使うかどうかで決めやすくなります。

支払方法は2種類ですし、非常に単純です。

裁判などでも使われる支払方法なので、ぜひ見てください。

クロス払い

一番シンプルな方法がクロス払いと呼ばれる方法です。

お互いに支払うべき金額を払い合う、というものです。

具体的な例を挙げて説明します。

AさんとBさんの交通事故。

過失割合はAさんが80%、Bさんが20%

Aさんの修理費用が50万円

Bさんの修理費用が30万円

 

Aさんの責任80%×Bさんの修理費用30万=24万円

つまりAさんがBさんに対して支払うべき金額は24万円

 

Bさんの責任20%×Aさんの修理費用50万=10万円

つまりBさんがAさんに対して支払うべき金額は10万円

 

 

 

となります。

この金額をお互いに支払い合う、ということです。

つまり

AさんはBさんに対して24万円を支払う、

BさんはAさんに対して10万円を支払う

ということです。

このようにお互いに支払い合う方法をクロス払いと言います。

お互い保険を使う時に、適用される支払方法です。

メリットはシンプルなので分かりやすいことですね。

相殺払いとは

クロス払いが理解できれば、相殺払いについて想像がつくかもしれませんね。

先ほどと同じ例を見てみましょう

AさんとBさんの交通事故。

過失割合はAさんが80%、Bさんが20%

Aさんの修理費用が50万円

Bさんの修理費用が30万円

 

Aさんの責任80%×Bさんの修理費用30万=24万円

つまりAさんがBさんに対して支払うべき金額は24万円

 

Bさんの責任20%×Aさんの修理費用50万=10万円

つまりBさんがAさんに対して支払うべき金額は10万円

このような場合に支払うべき金額を相殺するのです。

AさんがBさんに24万円支払いますが、Bさんから10万円受け取ります。

相殺をするので、

AさんがBさんに(24-10=)14万円を支払って解決、となります。

Bさんは支払う手間がなくなります。

メリットは片方が支払う必要がなくなる、ということです。

今回でいえば、BさんはAさん側に支払う必要がないので、14万円を受け取ったうえで、あとは自分の修理費用だけを考えればよいのです。

どちらかあるいは両方が保険を使わない時は相殺払いとなります。

 

まとめ

以上相殺払いとクロス払いについてでした。

クロス払いは保険を使用した時の支払い方法なので、保険会社に任せておけば大丈夫です。

相殺払いも、保険会社が計算するので大きく悩む必要はないです。

ただ保険を使用しない時、いくら支払うのかが明確に分かるので、覚えておいて損はないです。

 

 

関連記事

車両保険の免責金額の意味とは?5-10とか0-10ってどれがいいの?

今更聞けない自動車保険(任意保険)と自賠責保険の違い

直前停止とは何秒から?過失割合はどうなるの?

自損自弁の示談をすることのメリット・デメリットとは?

等級ってなに?他社に乗り換えたら等級はどうなるの?

そもそも示談交渉の意味とは?示談代行サービスについて

error: Content is protected !!