駐車場から飛び出してきた車との事故の過失割合は?


普通に走っていたら、駐車場から道路に出てきた相手の車にぶつけられた

よくある事故のケースのひとつです。
そして揉めやすい事故のひとつでもあります。

ぶつけられた人はこのように思うのではないでしょうか?


普通に走っていただけなのに、急に飛び出てこられたら、避けようがない

 

お気持ちはごもっともかと思いますが、まず間違いなく、100:0とはなりません

実際どのようになるのか?
過失割合について説明いたします。

直進中の車と駐車場から出てきた車の過失割合は20:80

なんと直進中の車も20%も責任が発生してしまうのです。

・真っすぐ走っていただけ
・駐車場から出る時に確認しなかったのが悪い

当然そのように感じる方は多数います。

・逆に、しっかり一時停止してゆっくり出ようとした。
・直進車のスピード違反が原因!

と主張される方もいます。

駐車場から出るの車の方が過失が大きい理由とは?

ざっくり理由を言うと、駐車場から出る車と直進車では、直進車の方が優先関係が上だからです。

駐車場や施設から出る車は、道路を走行してはいけないという注意義務があります。

どんなに注意して出たとしても、結果として事故が起こってしまった以上、注意が足りていなかった、と判断されてしまうのです。

なぜ直進車に過失が発生するのか?0:100にならない理由は?

それは走行する車には注意義務・予見義務があるからです。

注意義務とは、他の車を注意しなければならない義務。
予見義務とは、車が飛び出してくるかもしれないと予測しないといけないという義務です。

これらの2つの義務があるので、100:0とはならないのです。
走っている車同士は100:0とはならない、と世間でよく言われるのはこの2つの義務があるからです。

※実際には追突事故や赤信号無視など、走行していても100:0となるケースもあります。

ではなぜ20%も過失が発生するのか?

100:0にならないのは分かったけど、せめて90:10とかでは?

「少しの責任は認めるけど、20%も悪いとは認めない!」

実際のケースでも良くあります。

20%の過失が発生する一番の理由は過去の裁判例が20:80だからです。

判例タイムズという保険会社が使っている本があります。

過去の裁判例をもとに、よくある事故をケースごとの過失割合が記載されています。

実際の裁判でも使われる資料なので、この80:20という割合がベースになってきます。

絶対に過失割合は80:20になってしまうのか?

どんな場合でも駐車場から出る車と直進車では80:20になってしまうのか?

そんなことはありません。

確かに80:20がベースとなってきますが、どちらかのスピード違反だったり、飲酒運転、携帯操作しながらの運転などなど・・・。

さまざまな事情によって過失割合は変動します。

とはいえ、直進車の方が過失が大きくなるような逆転や、100:0というのはゼロではありませんが、かなり難しいでしょう。

80:20から修正したとしてもせいぜい5%~10%ほどと言ったところでしょう。

ご自身の保険会社の担当者とよく話し合って、納得のいくような交渉をしてもらいましょう。

保険会社の事故対応力に関する記事はこちら

事故対応力が良い保険会社は?【元事故担当者が徹底解説】

関連記事

直前停止とは何秒から?過失割合はどうなるの?

対向車とすれ違い事故の過失割合は?センターライン有無で変わる

点滅信号の事故過失割合はどうなるのか?点滅信号の意味とは?

自損自弁の示談をすることのメリット・デメリットとは?

左方優先とは過失割合にどれだけ影響するのか?

同じ保険会社同士の事故の場合、過失割合や賠償など大丈夫か?