そもそも示談交渉の意味とは?示談代行サービスについて

なぜあなたは任意保険に加入していますか?

ほとんどの方が、いざという時、賠償金額や修理金額を支払うためだと思います。

しかし任意保険会社に加入する大きなメリットはもう一つあります。

それは任意保険には示談代行サービスがついていることです。
文字通り、当事者の代わりに保険会社が示談を代行して行うサービスのことです。


示談ってなんとなく分かるけど、いまいちピンとこない

このような方はたくさんいます。

また、分かっているようでちょっと違う意味でとらえてしまっている方もいます。

事故において、示談という言葉が当然のように飛び交います。

そもそも示談とはどういう意味なのでしょうか。



示談ってどういう意味?

示談とは、紛争解決の方法のひとつです。

加害者・被害者が互いに歩み寄り、妥当な賠償額の授受を約束して円満に解決を図るものです。
くだけた言い方をすると、話し合いによって、円満に解決をする手段が示談です。

交通事故の大半は示談によって解決されています

「いいから示談をしろ」「早く示談してきてくれ」

と要求してくる方もいますが、もう双方納得しなければ示談は成立しません。

示談が成立しない場合、裁判に発展する可能性があります。

裁判はかなりの時間を要する可能性があるため、多大な労力と時間がかかります。
なので裁判を避けて示談で成立するケースがほとんどです。

保険会社の示談代行サービスとは

保険会社が当事者の代わりに相手方と示談交渉を行うことです。
しかし、示談交渉サービスを使うには条件があります
それは対物保険や対人保険を使う可能性があるときです。

つまり、相手方に賠償をする必要があるときに限られます。
そのため、無過失(自分に責任がない)事故については、保険会社が窓口となって交渉することが出来ないのです。

契約者

契約者
俺は何も悪くない。

向こうが一方的に悪い事故だから、相手が全部払うように交渉してくれ

と、このようなケースは保険会社は示談交渉出来ないのです。

契約者に賠償責任が生じない事故は、契約している保険会社に損害賠償金を支払う必要がありません。
そのような場合、保険会社は金契約者に代わって示談交渉をしてはいけないのです。
そういった行為は非弁行為と呼ばれるもので、弁護士法に触れてしまうのです。

自分が無過失(相手が一方的に悪い事故)の場合、交渉できるのは自分本人か弁護士だけです。

弁護士費用特約についてはこちらの記事を参照ください。

弁護士費用特約のメリットデメリット・弁護士の選び方について

実際に保険会社が行う示談の流れ

まず損害について、今回の事故の損害なのか、損害金額が妥当なのか確認します。
そして損害金額の確定をします。

並行して過失割合を交渉いたします。
損害金額が確定し、過失割合について双方の合意が得られたとき、示談成立となります。
示談成立した場合、示談書を取り交わします。
保険会社同士で示談する場合、100:0の事故などは示談書の取り交わしを省略し、電話で示談とすることもあります。
電話での示談も効果としては示談書を取り交わしたことと同じものになります。

無過失事故の場合

相手保険会社と自分で交渉する必要があります。

法に触れてしまうため、保険会社が窓口になるって交渉することはできないのです。
しかし何も力になってくれない、ということではありません。
相手方への示談交渉の進め方や示談書の作成方法など、相談に乗ってくれます。

保険会社は過去の判例などをもとに、自己解決に向けて交渉いたします。
自分で交渉するのは時間も労力もかかります。
せっかく加入している保険ですので、事故に遭ったら気軽に相談してみましょう。

 




関連記事

今更聞けない自動車保険(任意保険)と自賠責保険の違い

直前停止とは何秒から?過失割合はどうなるの?

自損自弁の示談をすることのメリット・デメリットとは?

等級ってなに?他社に乗り換えたら等級はどうなるの?

車両保険の免責金額の意味とは?5-10とか0-10ってどれがいいの?

相殺払いとクロス払い 過失事故の2種類の支払い方法とは?

error: Content is protected !!