車両保険は必要?保険料を節約するためのポイントを解説!

自動車保険の保険料を最も左右するのが車両保険です。

しかし、車両保険を付けないことによって、いざという時に後悔してしまう契約者を何人も対応してきました。
逆にあまり必要でないのに車両保険を付けている方も。

あなたの自動車保険には車両保険は本当に必要ですか?

そもそも自分の保険に車両保険がついているかどうか知っていますか?

車両保険を付けるべきかどうかで保険料が大きく変わってきます。

自分にとって必要な保険なのか判断するためのポイントを説明いたします。

車両保険とは

自動車保険には大きく分けて4つの内容があります。
対物保険・対人保険・人身傷害保険、そして車両保険です。

対物保険 他人の物を傷つけた時に補償する保険
対人保険 他人を怪我・死傷させた時の補償する保険
人身傷害保険 自分や同乗者が怪我・死傷した時の保険
車両保険 自分の車を補償する保険

車両保険は自分の車に傷がついたときに補償される保険です。

優先順位としては対物保険・対人保険。そして人身傷害保険、最後が車両保険です。とはいえ、大事な車のための補償です。

車両保険が必要かどうかしっかり見極めましょう。

一般型とエコノミー型の違い

車両保険にも2つの種類があります。

エコノミー型(車対車限+A)とは

車同士の事故や、いたずら被害、飛び石などを補償される保険です。

車同士の事故は、相手が特定できることが条件です。

そのため、いくら車同士とはいっても当て逃げ事故は補償されません。

また、相手と「お互い自分で直しましょう!」などと言って連絡先など交換せずに別れてしまったら、対象外となってしまうので気を付けましょう。

小さな事故でも警察へ届出することがトラブルを避ける方法です

一般型とは

どんな事故でも補償されます。

当て逃げだろうと単独事故だろうと安心です。

しかし、その分保険料が高くなってしまいます。

 

一般型 エコノミー型
車同士の事故
いたずら被害
飛び石
飛来・落下物
台風など冠水被害
単独事故 ×
当て逃げ ×
自転車との事故 ×
保険料 高い 安い

車両保険の加入率、割合は?

車両保険の加入率は43.5%です。これは任意保険も入っていない人を含めての数字です(2016年3月末の損害保険料率算出機構のデータ)。

なので任意保険に加入している人の中では50%以上の人が加入している計算になります。

車両保険一般型の加入が約70%、エコノミー型が約30%です。

車両保険のメリット

もちろんメリットは自分の車が補償されることです。

修理費用は軽くこすっただけでも場所によっては10万20万を超える時もあります。

自分で負担するには大きい金額です。

そしてもう一つ、あまり知られていないメリットあります。

実は車両保険は修理しなくても、修理費用を現金として受け取るという選択ができます

「事故車にはもう乗りたくない」という方は、車両保険を使って修理費用だけをもらえます。

>>事故で傷ついた車を修理しないで保険金をもらうことが出来る

車両保険でお金ももらってさらに事故車を買取に出して新車を買う、ということが出来るのです。

車の買取も、傷がついていても意外にいい値段が付くことが多いです。

車買い替えを検討する方は、ぜひ車買取査定を利用してみるとよいでしょう。

>>車の買い取り査定サービス

車両保険のデメリット

想像つくかもしれませんが、保険料が高くなることです。

車種によっては2倍以上保険料が変わることもあります。

車両保険を外すことで大幅な保険料の節約につながります。

車両保険に入るべき人のタイプ・特徴とは

新車・高級車の乗る人

新車・高級車は車両保険の加入をお勧めします。

それは車の価値が高いからです。

普通の車や軽自動車と比較すると修理費用も高くなります。

そして新車や高級車はいたずらをされたり、盗難されてしまう可能性が高くなります。
価値高い車は、当然思い入れも強くなりますし、大切にしたい気持ちは強いですよね。

大切にしたいからこそ、保険をかけるということは自然の流れです。

免許取りたての人・ペーパードライバーの人

運転スキルに自信がない方は車両保険に入って方がよいでしょう。

運転も自信がないで、車両保険がない状態だとますます不安な状態になってしまいます。

不安で運転するのはせっかくのドライブが楽しくないですし、運転スキルも上達しません。

車両保険が不要の人とは

めったに運転をしない人

月に数回しか乗らない、という方で特に運転も不安がない方は車両保険は無理につける必要はないでしょう。

事故に起こす確率と保険料を考えたら、もったいない可能性が高いです。

金銭的に余裕がある方は、万が一のために加入するのはありです。

保険料をとにかく安くしたい人

最低限の保険でかまわない、保険料を節約したいという方は車両保険を外すべきです。

保険料の中で、車両保険がしめるウエイトは大きいです。

車両保険を外せば一気に保険料は安くなるでしょう。

ただし、対物保険・対人保険は必ず入りましょう

めったに運転しなくても、万が一大きな事故を起こして、保険に入っていない場合は恐ろしいです。

人生が悪い方向へ一気に変わってしまいます。

古い車、走行距離が10万キロ以上の車

年式が古いや走行距離が10万キロを超えている車であれば車両保険は入らなくてよいでしょう。

長年大事に乗っている車でも、金銭的な価値が低いからです。

価値として15年落ちの車などは車種によっては10数万円、低いものは数万円ということもあります。

そういった車のために、保険料を高くする、というのはちょっともったいない気がします。

ただし、旧車で逆に古いことで価値が高くなる車などは別です。

車両保険に入りたいけど保険料を抑えたい方は

免責金額を設定する

車両保険には免責金額という自己負担額の設定があります。

例えば免責金額5万円という設定だと、修理費用の中で5万円を超えた部分が保険から出る、というものです。

修理費用が50万だとすると45万円が保険で出ます。

自己負担のお金も出てしまいますが、その分保険は抑えられます。

小さな事故だったら自分で直すか我慢するけど、大きな事故に遭ったときに不安…という方にはおすすめです。

免責金額の設定は0、5万、10万の中から選ぶことが一般的です。

免責金額についての詳しい説明はこちら

>>車両保険の免責金額の意味とは?5-10とか0-10って?

エコノミー型にする

単独事故は起こさない自信があるけど、ぶつけられたら怖いし、飛び石とかは避けようがないし…。
という方はエコノミー型がよいでしょう。

通常の事故で保険を使うと3等級ダウンしますが、飛び石被害は1等級ダウンで済みます。

等級は下がれば保険料どんどん上がりますが、1等級ダウンであれば、保険料の上り幅も少ないです。

ぶつけられたら相手に払ってもらえばよいのでは?と思われた方。

追突などであれば、確かに0:100なのですべて相手に払ってもらえます。

しかし、出会い頭の事故などの場合、相手が仮に一時停止無視をしたとしても0:100にはなりません。

自分にも責任が発生してしまうのです。

相手がいる事故は、自分の運転スキルだけではないです。そんなときエコノミー型に加入していれば安心ですね。

一括見積をして保険会社を変える


免責(自己負担)もイヤだし、エコノミー型も抵抗ある。

あるいは


エコノミー型にしても、もっと保険料を安くしたい

そんな方には一括見積がオススメです。

どこの保険会社が安いのか、確認することができます。

保険会社によって保険料はかなり違います。

代理店型よりはダイレクト型の方が圧倒的に安いです.

また同じ代理店型の中・ダイレクト型のなかでも保険料は会社によって異なります。

一括見積をすると、保険料が年間で平均30,000円以上の保険料が安くなったという実績があります。

保険の内容は充実させたいけど、保険料を抑えたいという方にはぴったりのサービスです。

 

おススメのダイレクト自動車保険の一括見積サイト

インズウェブ

利用者は900万人を突破した一括見積サービスです。

20社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を扱っており、最短5分で見積もりを比較することが出来ます。

各社の保険料・補償内容・サービス内容を簡単に比べることが出来ます。

もちろん一括見積は無料です。

インズウェブの一括見積もりを利用して、安くなった平均額はなんと30,035円です。

インズウェブの一括見積はこちらから

>>自動車保険一括見積もり

 

 

関連記事

弁護士費用特約のメリットデメリット・弁護士の選び方について

年齢条件、運転者限定で保険料を安くする!落とし穴に注意!

人身傷害保険、搭乗者傷害保険の補償内容と違いについて

任意保険の種類 対物保険の補償内容とは

任意保険の種類 車両保険の補償内容と特約について

任意保険の種類 対人保険の補償内容について