車線変更の事故の過失割合について修正要素も含めて説明

元担当者のタキノベです。

交通事故のよくあるケースの一つである車線変更の際の事故。

しかし一言で車線変更の事故と言っても

・ウインカーなしの車線変更

・車線変更禁止にもかかわらず車線変更をしてきた

・直進車が車線変更しようとした車を妨害

・無理な割込み

・車線変更完了後にぶつけられた

などなど。

様々なケースが考えられます。

ケースバイケースではありますが、基本的な過失割合の考え方を説明いたします。

車線変更事故の基本的な割合は70:30

70:30という割合がベースになります。

車線変更をした車が70%、直進車が30%の責任を負う、という考え方です。

これは車両変更をしようとしている車が前にいることが前提です。

斜め前の車両がウインカーを出していれば、車線変更をすることの予測は難しくありません

なので、後続直進の車にも30%ほどの責任が問われます。

ウインカーを出していない場合や、車線変更をしてくる車が真横や斜め後ろから割り込んでくる場合は、70:30から修正されます。

 

ウインカーなしの車線変更の過失割合は90:10

ウインカーなしの場合は基本割合となる70:30から20%修正、という考え方です。

意外にもウインカーをした車線変更の事故でも100:0にはなりません。


ウインカーなしで車線変更されたって避けれるわけがない

とよく揉めることになります。

しかし、過去の判例をもとに作られている「判例タイムズ」ではっきり「ウインカーを出していない場合は基本割合から10%の修正」と記されております。

他になにか要素がない限り、裁判を起こしたとしても80:20より先は難しいでしょう。

車線変更禁止場所で車線変更をした場合は90:10

車線変更禁止場所での車線変更も20%の修正となります。


道交法で禁止されている場所で、車線変更をしてきた。

相手が全面的に悪い

と主張される方は多いです。

しかし残念ながら100:0の事故にはなりません

車線変更禁止場所であっても、ウインカーを出していれば車線変更をすることは予測できる、という考えですかね。

直進車が車線変更を妨害してきた場合は60:40など修正されるケースもある

なかなか難しいケースです。

基本的には「車線変更を妨害された!」と主張をしても70:30となることが多いでしょう。

しかし、直進車に明らかな悪質な運転や15km/h以上の速度違反が認められた場合は60:40やそれ以上の修正がされる可能性はあります。

ここでお気づきの方もいるかもしれません。

どうやって直進車の悪質な運転や速度違反を立証できるか、ということです。

立証には目撃者やドライブレコーダーなどの客観的な資料が必要となるでしょう。

 

横や斜め後ろから無理な割り込みをしてくる場合は要相談

かなり揉めるケースです。

実際真横や斜め後ろにいるにもかかわらず、車線変更をされてたら避けようがありません。

実際100:0となるケースもあります

しかしなぜ揉めやすいかというと、双方の主張が食い違いやすいからです。

直進車

直進車
斜め後ろから車線変更をされても避けようがない。予測も出来ない
車線変更車

車線変更車
私が斜め前にいる状態だった。そっちが車線変更を邪魔しようとスピードを上げてきた

このように双方の意見が異なるケースが多いのです。

双方の主張が異なる場合は、目撃者やドライブレコーダーなどの客観的な証拠が必要になってくるのです。

また、車の傷がどの向きから付いているのか、ということでお互いの位置関係が分かる場合もあります。

 

車線変更完了時の接触の過失割合はタイミングによる

タイミングによって過失割合ががらりと変わります。

車線変更を完全に完了してから接触しているのであれば、追突となり直進者側が全面的に悪い100:0となる可能性もあります。

しかし、車線変更を完了し終わるかどうか、というタイミングであれば通常の車線変更と同じ70:30(車線変更側が70%)となる場合もあります。

タイミングについては傷の具合やドライブレコーダーなどで確認するしかありません。

もし立証が難しければ、交渉は長引くでしょう。

まとめ

以上車線変更に関する過失割合についてでした。

車線変更に限らず、タイミングで過失割合が変わってくる事故は揉めやすいです。

揉めるということは、解決まで時間がかかる可能性・自分の思うような過失割合にならない可能性があるということです。

相手に嘘の主張をさせないためにも、ドライブレコーダーは強力な武器になります。

最近はドライブレコーダーを搭載する車が増えています。

ドライブレコーダーの記事「おすすめのドライブレコーダーとその価格の相場は?」も参考にしてみてください。

もしドライブレコーダーを付けていない場合で、車を乗る方は購入の検討をおススメします。

ドライブレコーダーの購入はこちらから

また保険会社間の交渉が上手くいかない場合は弁護士に相談するのも一つの手です。

無料弁護士相談というものもあります。

無料弁護士相談はこちらから
 

関連記事

直前停止とは何秒から?過失割合はどうなるの?

同じ保険会社同士の事故の場合、過失割合や賠償など大丈夫か?

自損自弁の示談をすることのメリット・デメリットとは?

点滅信号の事故過失割合はどうなるのか?点滅信号の意味とは?

センターラインのない道路のすれ違い事故の過失割合は?

当て逃げ事故は過失割合よりも警察の対応が変わる

error: Content is protected !!