事故対応力が良い保険会社は?【元事故担当者が徹底解説】

保険料を抑えたいと思うのは当然のことです。

しかし、一番大事なのはしっかりと事故対応をしてくれるかどうかです。

いくら保険料が安くても、保険金が払われなければ意味がありません。

調査機関による事故対応ランキングと、私の経験を踏まえたオススメの保険会社を紹介いたします。

ぜひ保険会社選びの参考にしてみてください。

調査会社JDパワーの事故対応力ランキング2017

JDパワーとは一般の方には聞きなれない会社だと思います。

JDパワーは世界的に有名な調査機関で、保険会社が最も重要視しているランキングがこのJDパワー社です。

ではJDパワー社のランキングを見てみましょう。

(2018年5月6日現在、2018年のランキングは未発表)

順位 保険会社
1位 チューリッヒ
2位 東京海上日動火災
3位 ソニー損保
4位 損保ジャパン日本興亜
5位 イーデザイン損保

1位がチューリッヒ保険となりました。

ベスト5の中で3つがダイレクト自動車保険(チューリッヒ、ソニー損保、イーデザイン損保)です。

事故対応力でも代理店型に劣っていないことが分かりますね。

 

オリコンの事故対応満足度ランキング2018

音楽などのランキングでお馴染みのオリコンです。

日本で一番有名なランキング会社となります。

オリコン株式会社のランキングを見てみましょう。

順位 保険会社
1位 イーデザイン損保
2位 ソニー損保
3位 AIG損害保険
4位 チューリッヒ
5位 東京海上日動火災

1位は東京海上グループのダイレクト保険会社「イーデザイン損保」となりました。

 

元事故担当者がオススメする事故対応力のある会社ランキング

1位ソニー損保

ソニー損保はダイレクト保険の中で、15年連続で売り上げNO1という実績

2017年はJDパワー社でチューリッヒが1位となっているものの2016、2015年はソニー損保が連続で1位でした。

ダイレクト保険の中では比較的保険料が高いですが、代理店型の保険料と比較すると大きく節約できます。

「保険料も抑えたい。でも安心できるところが良い」というのであればソニー損保にしておけばまず間違いないでしょう。

実績・保険料・対応力。すべてをバランスよく備えています

2位チューリッヒ

チューリッヒをオススメする理由はまず2017年のJDパワー社のランキングが1位だったこと。

世界的な調査機関が1位に選んだいうことはどれだけ説得力があることです。

そして保険料を安さ。

ダイレクト保険の中でもチューリッヒは保険料が安いです。

「とにかく保険料を安くしたい。でも事故対応力は必要」

そんな人のための保険会社がチューリッヒですね。

3位東京海上日動火災

保険会社のブランド力でいえば東京海上日動火災がぶっちぎりで1位でしょう

事故対応力も当然優れています。

代理店型なので、面倒な手続きも負担を減らすことが出来ます。

しかし、代理店型の保険会社なので、保険料は少し高くなってしまいます。

「保険料はある程度しょうがない。でも安心した事故対応力は欲しい」

そんな方には東京海上はオススメです。

保険料を調べるなら一括見積がオススメです。

>>自動車保険一括見積もり

 

事故対応力の高い会社の保険料をカンタンに調べる方法は?

どんなに事故対応力がある会社が良いと言っても、保険料がいくらなのか?

契約者にとってはすごく重要なことですね。

1社1社保険会社から見積もりを取るのは非常に面倒です。

そんな方にオススメの方法が一括見積もりです。

保険料を一括で各社を比較することが出来ます。

一括見積もりは5分ほどで終わりますし、もちろん無料です。

一括見積もりを利用して、安くなった平均額はなんと30,035円です。

一括見積もりはこちらから

>>自動車保険一括見積もり

関連記事

1等級では契約更新や加入が出来ない?加入できる保険会社は?

ダイレクト保険と代理店型保険のメリットデメリットを比較

NO IMAGE

ゴールド免許特約の割引率を保険会社ごとに徹底比較

2017年事故対応満足度1位はチューリッヒとJ.D.POWERが発表

地方住まいはダイレクト保険のデメリットにならない3つの理由

そもそも保険会社って何するの?事故対応から解決までの流れは?

error: Content is protected !!