2018年事故対応満足度ランキング1位はソニー損保

2018年の事故対応満足ランキングで1位がソニー損保と発表されました!

事故対応満足度を調査したのはJDパワーという調査会社です。

色々な調査会社がありますが、すべての保険会社が最も意識しているのが、このJDパワー社のランキングです。

つまり最も価値のある事故対応満足度のランキングです。

ではランキングについて見ていきましょう。

2018年事故対応満足度ランキング

1位:ソニー損保(前回3位)
2位:東京海上日動(前回2位)
3位:AIG損保
4位:損保ジャパン日本興亜(前回4位)
5位:イーデザイン損保(前回5位)
6位:セゾン自動車火災(前回7位)
7位:三井住友海上(前回6位)
8位:チューリッヒ(前回1位)
9位:あいおいニッセイ同和損保(前回11位)
10位:三井ダイレクト損保(前回10位)

2017年3位だったソニー損保が2018年1位に返り咲きました

2年連続で2位の東京海上もさすがですね。

2017年のランキングをまとめた記事はこちらです。

>>2017年事故対応満足度1位はチューリッヒとJ.D.パワーが発表

事故対応満足度ランキングの内容について

「調査/認定結果」「修理サービス」「代車/レンタカーサービス」「保険金支払」という4部門でトップとなったソニー損保が総合1位となりました

事故対応満足度ランキングはダイレクト自動車保険が4年連続で1位です。
(2018年ソニー損保、2017年チューリッヒ、2016年ソニー損保、2015年ソニー損保)

ソニー損保のCMで「ネット保険を甘く見てはいけない」と言っていますが、まさにその通りの結果となっています。

そして1位以外に注目するべきは2年連続で2位の東京海上日動火災

保険料が少し高くなってしまう代理店型の保険会社。

代理店型の自動車保険の中でも東京海上日動火災の保険料って正直安くないです。

保険料が高ければ、契約者の期待度は自然と上がります。

「高い保険料払ってんだからこれくらいやって当然だろう。」

かなりいいサービスを届けても、そんなの当然と思われてしまうこともしばしば。

それでも満足度ランキングで2位というのは、期待度を超えたいいサービスを提供している証拠でしょう

保険料が多少高くでも、安心できる保険会社にしたいという方には東京海上日動火災への加入を検討してみるのもいいですね。

東京海上の保険料と無料一括見積で調べてみる

ソニー損保が2018年の満足度ランキングで3冠達成

ソニー損保は事故対応満足度ランキングだけでなく、

・自動車保険新規加入満足度ランキング
・自動車保険契約者満足度ランキング

というランキングでも1位というなんと驚愕の3冠達成です。

新規加入の契約者、継続で加入していた契約者、つまりすべての契約者が1番満足をしているという評価を得ました


保険料を抑えたいけど、事故対応がちゃんとしているか不安

そんな方はソニー損保への切り替えも検討してみましょう。

ソニー損保は今なら新規加入で10,000円の保険料割引をしています。

ソニー損保の保険料を無料一括見積で調べてみる

おススメの自動車保険の一括見積サイト

インズウェブ

利用者は900万人を突破した一括見積サービスです。

20社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を扱っており、最短5分で見積もりを比較することが出来ます。

各社の保険料・補償内容・サービス内容を簡単に比べることが出来ます。

もちろん一括見積は無料です。

インズウェブの一括見積もりを利用して、安くなった平均額はなんと30,035円です。

インズウェブの一括見積はこちらから

>>自動車保険一括見積もり

関連記事

1等級では契約更新や加入が出来ない?加入できる保険会社は?

NO IMAGE

チューリッヒ自動車保険の評判や特徴を調査しました!

2017年事故対応満足度1位はチューリッヒとJ.D.パワーが発表

地方住まいはダイレクト保険のデメリットにならない3つの理由

そもそも保険会社って何するの?事故対応から解決までの流れは?

ゴールド免許特約の割引率を保険会社ごとに徹底比較