進路妨害をしてきた車との事故の過失割合は?対処方法は?

2017年6月に東名高速道路で危険運転・進路妨害がきっかけとされる追突事故がありました。

2名の夫婦が亡くなる非常に悲しいニュースです。

今回のニュースをきっかけに、危険運転や進路妨害という悪質な行為が取り上げられていますが、実際にこのような運転をする方は存在します。

今回は様々な要素があるため、どのような判決が下されるのか、非常に気になるところです。

一般的には悪質な運転者との事故の過失割合がどうなるのか?

事故に遭う前に、どのように対処するべきか、について説明していきます。


進路妨害車両との過失割合は?

進路妨害と言っても、いろいろな状況が想定されます。

想像しやすいのが、次の2パターンです

・嫌がらせで急ブレーキやサイドブレーキをしてくる車

・車線変更をしたのに、前の車も車線変更をして進路をふさいでくる

接触をする場合は、どちらも後ろから追突をしてしまう、というパターンです。

残念ながら、基本的な割合は100:0、つまり追突をした車が100%の責任となります。

詳しくは以前の記事「前方車両が急ブレーキをかけた場合の追突の過失割合は?」で書いていますが、急ブレーキにも対応できる車間距離を取らなければならない、ということになっていしまうのです。

相手の悪質な運転を立証が難しいからです。

車線変更をして、前方車両がそれに合わせて車線変更をした場合はどうでしょうか?

タイミングの問題もあるので必ずしも100:0ではないでしょうが、後続車の方が責任が大きくなるでしょう。

車の傷は「後ろから追突をされた傷」が残っているのです。

それまでの車線変更などの経緯は、傷からでは証拠にはなりません。

前方不注視が第一の原因と考えられてしまいます。

 

ドライブレコーダーで相手の悪質な運転の立証が可能

ドライブレコーダーがあれば、相手がいかに悪質な運転か、危険運転をしているのか立証が出来ます。

 

・ブレーキランプがついていない=サイドブレーキで明らかにわざとぶつかろうとしている

・避けようと車線変更をしているのに、何度も車線変更をしてきて相手に進路を妨害されている

 

このようなことが、全て映像として残っていれば心強いですよね。

精神的にも安心して運転が出来ます。

しかし、ドライブレコーダーなしでは立証は難しいです。

悪質な運転者です。ぶつかってしまえば相手の思う壺となってしまいます。

悪質な運転者

悪質な運転者
何回も車線変更なんてしてませんよ
悪質な運転者

悪質な運転者
動物が飛び出してきたので急ブレーキを踏んだだけです

平気で嘘をついてくるでしょう。

悔しいことにドライブレコーダーが無ければ、この発言が嘘だという立証ができないのです。

ドライブレコーダーに関する記事はこちら

おすすめのドライブレコーダーとその価格の相場は?

ドライブレコーダーの購入はこちらから

 

進路妨害等悪質な運転者と出くわしたら

やはり近づかないこと・相手にしないことが一番です。

煽ってきたり、嫌がらせを受ければムッとくるのが当然の感情です。

しかし、怒ってしまえば相手の思う壺です。

距離を取る、一度お店の駐車場に入るなどして相手をやり過ごすことがおススメです。

抜かすことは考えない方がよいでしょう。

ドライブレコーダー搭載中と記載のあるステッカーを貼っておくのも効果的です。

悪質な運転者に対しての抑止力が期待できますね。

 

ドライブレコーダー搭載ステッカー 「うさぎとビデオカメラ」 (マグネット) (ホワイト) s21

まとめ

進路妨害車両・悪質運転に対する事故についてでした。

誠に遺憾ですが、悪質なドライバーは存在します。

ドライブレコーダーを搭載する車が増え、悪質な運転者が減っていくことを願います。

自分の身は自分で守る必要があります。

ドライブレコーダーは10,000円~20,000円ほどで購入することが可能です。

安心したカーライフを送るためにも、ぜひおススメいたします。



関連記事

雹(ひょう)被害に遭ったけど車両保険は対象?等級はどうなるの?

台風の被害の場合、車両保険は対象?等級はどうなるの?

事故のすぐ後に保険加入したらどうなるのか?アフロスは犯罪!

前からきた飛び石は損害賠償請求が出来るのか?誰の責任?

酒気帯び運転、飲酒運転の事故の自動車保険は対象になるのか?

事故車買取業者「タウ」が水害車売却シミュレーターを無料で開始

error: Content is protected !!