今更聞けない自動車保険(任意保険)と自賠責保険の違い

自動車保険と自賠責保険の違いが分かりますか?

実は間違えて覚えてしまっている場合があります。

現場対応をしている警察官でさえ、理解していない場合があるのです。

警察官

警察官
自賠責は○○社だね。あとはここに連絡して、保険会社同士で交渉してもらって

という警察は困ったことに結構いるのです。

この警察官のセリフで、間違いがピンとこない方は、自賠責保険と任意保険をきちんと理解できていない可能性があります。

でも、実はちゃんと理解出来ていない方は、結構いるので安心してください。

本来はまず任意保険会社に連絡するべきですが、警察官が自賠責保険会社に連絡するように促してしまうのです。

なぜ自賠責保険の会社ではないのでしょうか?

自動車保険と自賠責保険違いについて説明いたします。

この記事を読んでくだされば、すぐに違いが分かると思います。

自賠責保険の補償内容とは?

自賠責保険とは、正式名称:自動車損害賠償責任保険というものです。

別名:強制保険と呼ばれています。

その名の通り自賠責保険とは加入が義務付けられている保険です。

補償内容は、他人をケガさせてしまった時の怪我(死亡も含む)を補償するものです。

補償内容は他人の怪我のみで、車や物は補償されません

自賠責保険は支払える金額に上限はありますし、自分の怪我については対象外です

自賠責を加入しただけで、車や物も補償してもらえると勘違いをしてしまっている方は少なくありません。

車や物を補償するのはあくまで任意保険です。

自賠責のみの加入で、何かを財物を破損してしまった場合、すべて自分のお金で弁償しなくてはならないのです。

 

自動車保険(任意保険)の補償内容とは?

自動車保険とはいわゆる「任意保険」と呼ばれるもののことを指します。

自動車保険の中には車両保険・対物保険・人身傷害保険・対人賠償保険、その他色々な特約があります。

車両保険は自分の車を、対物保険は他人の車や物を、人身傷害保険は、自分の怪我や同乗者の怪我を、対人保険は他人の怪我を補償します。

その名の通り任意に、車の補償や怪我の補償などさまざまな補償組み合わせてをつけられるものです。

任意保険なので、保険自体に加入しないことも出来ます。

自賠責保険も任意保険の対人保険も、どちらも他人の怪我を補償する保険です。

しかし、自賠責に入っているからと言って、任意保険に加入しなくてよいのか?

答えはNOです。

自動車保険(任意保険)の最大の特徴

任意保険は示談交渉サービスというものがあります

過失割合、損害額確認、病院連絡などすべて行ってくれます。

法的な賠償の考え方・過去の判例に基づいて交渉をしていきます。

損害についても修理費用が妥当なのか、今回の事故の損害なのか確認します。

治療費についても、病院に行った際に立替する必要がないように電話をすることができます。

任意保険に未加入だとどうなるのか?

交渉や書類の手続きをすべて自分で行うことになります。

自賠責のみでは、保険会社は相手への交渉も出来ませんし、病院へ連絡をすることもできません

そのため、相手への交渉はすべて自分で行わなければなりません。

修理費用が妥当なのかどうか確認することも自分で行う必要があります。

しかし、修理内容と傷を見ても一般の人は妥当なのかどうか分かりません。

治療費については自分で立替する必要が出てきます。

被害者に立替てもらうことも気まずいですし、毎回自分が立替えるのも大変です。

書類の取り付けなどもすべて自分で行うことになります。

 

高級車と接触して修理費用が何百万円ということもあります。

気を付けて走行していても、交差点で出合い頭の接触はなかなか避けることが難しいです。

自分が優先道路でも、10~20%ほどは責任を取られることが一般的です。

そうすると自分が相手側に支払わなければならない金額は数百万の10%、つまり数十万円になります。

そんな時は自賠責保険では一切保証されません。

任意保険に加入していないと実費負担となります。

 

まとめ

任意保険はあくまで任意で加入するかどうか決めることが出来ます。

しかし、車を使う限り任意保険の加入は必須だと思います。

任意保険に入っていれば、状況を説明すればそれでOKです。

あとはすべて保険会社に任せてしまえばよいのです。

もちろん初回の連絡だけで、あとはすべて関与しないというわけではなく、保険会社と都度相談をしながら話は進んでいきます。

しかし、過失の交渉や損害の確認、病院へ支払の説明など面倒なことはすべて任せることが出来るのです。

自分が自動車保険に加入しているか分からない方は、これを機会に自分の保険の加入状況・内容について確認するきっかけになれば幸いです。

事故を起こしてから、保険会社に慌てて加入しても手遅れです。

事故が起きた時点で保険会社と契約を結んでいなければ対応できません。

ぜひ任意保険に加入しているかどうか、ご自身で確認ください。

どこの保険会社に加入しているか分からない、という方は保険証券を探してみてください。

ダッシュボードなどに入れている方が多いです。

見つからない方は、車を買ったディーラーに聞いてみるのも一つの手ですね。

 

※自分に責任がない0:100の事故であれば、任意保険に加入していても保険会社は窓口になることが出来ません。




関連記事

車両保険の免責金額の意味とは?5-10とか0-10ってどれがいいの?

相殺払いとクロス払い 過失事故の2種類の支払い方法とは?

直前停止とは何秒から?過失割合はどうなるの?

自損自弁の示談をすることのメリット・デメリットとは?

そもそも示談交渉の意味とは?示談代行サービスについて

等級ってなに?他社に乗り換えたら等級はどうなるの?

error: Content is protected !!