ハスラーの保険料の見積もりを車両保険ありなしで比較

軽自動車で今人気のハスラーについてです。

ハスラーの保険をどのように加入するべきなのか

加入例と保険料を説明いたします。

 

スズキ ハスラーの特徴とは

ハスラーはアラレちゃんやももクロがCMをしているお馴染みの車です。

最大の特徴は軽自動車なのにもかかわらず、SUV(多目的スポーツ車)であることです。
軽自動車なので、当然燃費はよいです。

さらに多少のオフロードにも問題なく走行できます。
街乗りからアウトドアまで乗りこなす「軽クロスオーバー車」なのです。

使い勝手の良さ、デザインの豊富さから大人気の車です。

2017年上半期の軽自動車の車種別売り上げランキングではトップ9位にランクインしています。

 

ハスラーの任意保険の内容をどうするか

・対物保険無制限

・対人保険無制限

・人身傷害保険3000万円

これはどの車においても補償すべき内容です。

一番迷うのは車両保険を加入するかどうかですね。

費用とも相談して検討するべきでしょう。

新車として購入したのであれば、車両保険は入りたいところです。

購入してから数年経ったのであれば、車両保険を外してもよいかもしれません。

具体例を挙げるので、参考に見てみてください。

ハスラーの保険料 車両保険のありなしで比較

30歳以上の夫婦が運転する場合

以下の設定で考えてみます。

・アクサダイレクトで新規加入

・30歳以上の夫婦のみが運転

・初度登録:平成28年11月のハスラー(MR31S)

・対物、対人は無制限。人身傷害保険3,000万円

・ロードサービスあり

・他社運転特約あり

上記の条件で、車両保険を変えた場合の保険料を見てみましょう。

年間保険料
車両保険なし 21,020円
車両保険(車対車+A)

限度額110万円(免責5-10)

29,240円
車両保険(一般条件)

限度額110万円(免責5-10)

36,430円

 

 

 

 

 

当然ですが、車両保険をつけなければ、保険料を抑えることが出来ます。

新規契約なので等級は6S等級です。

対物・対人保険が無制限なので、誰かの財物を壊したとき・怪我をさせてしまった時も安心です。

人身傷害保険も3,000万円ついているんで、自分が怪我をした時の補償もあります。

 

あくまで具体例は概算の見積もりとなっています。

使用用途や、年齢、車の年式などで変わってきます。

特約などを増やすかどうかでも保険料は変わります。

自分の経済状況に合わせた保険料、使用目的に合わせた補償内容を選びましょう。

保険料を抑えるには一括見積がおススメです。

一括見積がおススメな理由

自動車保険の加入、契約内容の変更、乗り換えを迷っているのであれば、

おススメはダイレクト自動車保険の一括見積です。

ひとつの保険会社から見積もりを取るのと、複数の保険会社の一括見積ととるのでは

入力事項など手間は変わりません。

同じの保険内容で年間の保険料がいくらになるのか、一度に見比べることが出来ます。

また違う保険内容の見積もりをとることも可能です。

おススメのダイレクト自動車保険の一括見積サイト

インズウェブ

利用者は900万人を突破した一括見積サービスです。

20社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を扱っており、最短5分で見積もりを比較することが出来ます。

各社の保険料・補償内容・サービス内容を簡単に比べることが出来ます。

もちろん一括見積は無料です。

インズウェブの一括見積はこちらから

>>自動車保険一括見積もり

関連記事

プリウスのダイレクト保険の保険料を一括見積で比較

ポルシェのダイレクト保険の保険料を一括見積で比較