酒気帯び運転、飲酒運転の事故の自動車保険は対象になるのか?

元担当者のタキノベです。

飲酒運転には厳しい世の中ですが、事故を起こした場合保険の対象になるのでしょうか。

結論から言うと、対象になるもの対象にならないものがあります。

飲酒運転の際の保険対応について説明します。




飲酒運転でも対物保険、対人保険は対象になる

飲酒運転で事故を起こした場合、対人保険、対物保険は対象になります
他人の怪我などが対象にならない場合、実費では払いきれない可能性がありますからね。
飲酒運転での事故は損害、怪我が大きい可能性があります。
そんな中で加害者が支払えなければ、大変なのは被害者ですからね。
恐らく被害者の救済という意味も含めて対象になったのではないでしょうか。

飲酒運転の場合、車両保険、人身傷害保険は対象外

一方で、車両保険・人身傷害保険は対象外です

人身傷害保険と補償範囲が似ている搭乗者傷害保険も対象外となります

自分で飲酒して起こした事故なので、自分に関する損害は保険の対象外となってしまいます。
自分の車・自分や同乗者の怪我も対象外ということですね。

ロードサービスも対象外

飲酒運転の場合、ロードサービスも対象外です。

ロードサービスでレッカーなどをした後、飲酒と発覚した場合は?

もちろんそういうこともあると思います。

後から飲酒と発覚した場合は、後日ロードサービスの部署から請求をされます。

酒気帯び、酒酔い運転で保険対応の違いはない

酒気帯び運転と、酒酔い運転では警察の罰則は変わります。

しかし保険の対応は変わりません。

酒気帯び運転とは呼気に含まれるアルコール濃度が0.15mgを超える状態のことを指します

個人差はありますが、ビール一缶を飲めば酒気帯びの状態になると言われています。

酒酔い運転とはアルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態のことを指します

酒気帯びよりも重い状態ですね。

酒気帯び・酒酔いはどちらも免許1発取り消しの可能性が高いですが、罰金としては酒酔いの方が重いです。

でも保険の対応は変わらないのです。

酒気帯びだから車両保険は対象になる、ということはありません。

逆に酒酔い運転だから対物保険も対象外になる、なんてこともありません。

 

飲酒運転の場合、保険会社にバレるのか?


警察官に飲酒をバレなかったが、保険会社にも言わなければバレないのでは?

と考える方はいます。

もちろん保険会社が飲酒に気付かずに車両保険・人身傷害保険などを払ってしまった、というケースもあるでしょう。

しかし保険会社が飲酒も含めて確認が必要な場合は、調査会社を派遣することがあります。

調査から飲酒の事実が発覚した、というケースを何度も対応してきました。

飲酒と分かった場合は、もちろん車両保険等は支払えません。

車両保険を支払った後でも、何らかの事実から飲酒が発覚した場合は、保険会社は支払った保険金を回収します。

悪質な虚偽申告をしていた場合、保険会社は調査費用を契約者に請求することもあります。

そして虚偽申告から飲酒がバレた場合は、まず間違いなく契約更新出来ないしょう。

イチかバチかで虚偽申告をするのにはリスクが高いのではないかな、と個人的には思います。

もちろん飲酒運転をしなければ済む話です(笑)

まとめ

以上飲酒運転についてでした。

対物保険・対人保険は対象になりますが、車両保険・人身傷害保険・ロードサービスは対象外となるので気をつけましょう。

飲酒運転は絶対にやってはいけない行為です。

被害者は決して許してくれないでしょう。

警察の罰則も非常に重いです。

酒を飲んだら運転しない、というのは運転者の最低限のマナーですね。

酒を飲んだ状態での運転は絶対にやめましょう。




関連記事

台風の被害の場合、車両保険は対象?等級はどうなるの?

事故車・廃車の際は買取業者に頼まないと損をしてしまうことも?

雹(ひょう)被害に遭ったけど車両保険は対象?等級はどうなるの?

事故の相手、被害者から直接連絡が来るときの正しい対応方法は?

事故のすぐ後に保険加入したらどうなるのか?アフロスは犯罪!

事故車買取業者「タウ」が水害車売却シミュレーターを無料で開始

error: Content is protected !!