おすすめのドライブレコーダーとその価格の相場は?

突然ですが、ドライブレコーダーを付けていますか?

ご存知の方も多いと思いますが、車に搭載するビデオカメラです。

タクシーやバスなどは搭載している車が増えてきていますが、一般的には多くは普及されていません。

過失割合など交渉にあたって、動かぬ証拠となるドライブレコーダーは絶大な効果を発揮します

過失交渉のためだけでなく、進路妨害や煽り運転などの迷惑な車への対策としても用意しておくべきでしょう。

元担当者の立場としては、ドライブレコーダーは必須だと感じます。

私は、親族や周りの友人には必ず付けるようにアドバイスしています。

ドライブレコーダーが必要な理由について説明していきます。


ドライブレコーダーがあることによるメリット

上記でも書きましたが、ドライブレコーダーで録画した画像は信頼のおける客観的な資料です。

相手の主張と、事故状況が食い違う時にドライブレコーダーは強力な証拠となります

理不尽な過失割合での解決にならず、事実に基づいた解決に繋がります。

また、資料があれば不毛な平行線の交渉が減るため、解決まで早くなります。

運転中、相手車両にぶつけられ、逃走されてしまった時、ナンバーが分からなければ特定は困難です

そんなときにもドライブレコーダーが付いていれば安心です。




ドライブレコーダーがなくて過失割合が勝ち取れないパターン

ドライブレコーダーもなく、目撃者もいない。防犯カメラなどの資料もないときは、お互いの主張をもとに交渉が行われます。

資料となるのは、お互いの主張・道路の状況・車の損傷のみです。

これらのみだと、被害者にとっては理不尽な結末での示談になってしまうケースがあるので具体的に説明をしていきます。

これは実際に担当者時代にあった話です。

交差点出合い頭、双方が青信号主張

交差点での出合い頭事故で、どちらも青信号主張ということがありました。

もちろん全ての信号が同時に青になることはあり得ません。

どちらかが嘘を言っている、あるいは本当に勘違いをしているのです。

被害者の言っていることが真実であっても、相手に「私が青信号です」と言い切られてしまえば、それまでなのです。

相手が赤信号だと決定づける資料がなければ、どうしようもないのです。

裁判になっても、裏付ける証拠がなければ難しいでしょう。

そうなると、最終的に被害者に迫られる選択肢は一般的に2つです。

「50:50で示談」もしくは「自損自弁」です

自損自弁とは、損害の持ち別れを指します。

つまりお互いに請求せずに自分の車は自分で直しましょう、ということです。

通常の赤信号無視であれば0:100の事故、自分はすべて支払う必要がないのです。

しかし証拠がないために50%も自分が負担しなければならない、となってしまいます。

理不尽なことですが、こういったケースは少なくありません。

相手がウインカーなく車線変更してきた

車線変更の事故でも同じようなケースがあります。

通常の車線変更の事故は過失30:70(車線変更をした車が70%)となります。

ウインカーを出していない車が車線変更をしてきた場合はここから20%修正して10:90となるのです。

20%の違いは大きいですよね。

自分の修理費用だけでなく、相手の修理費用の割合も増えてしまうということですから。

 

相手がウインカーを出した、と主張する場合は被害者であるこちら側がウインカーを出していないことを立証しないといけないのです。

立証が出来ないのであれば、相手の証言が正しいというのが法的な考え方です。

目撃者がいる可能性(目撃者がいてもさらに証言してくれる必要がある)はかなり低いです。

相手の強引な車線変更も、ドライブレコーダーがないことで納得いかない結末を迎えてしまう可能性が出てきます。

注目のHID販売中、
他社も真似できない驚きの価格でご提供

ドライブレコーダーを選び方の2つのポイント

ドライブレコーダーを選ぶ大きなポイントは2つです。

録画できる視野(角度)

せっかくドライブレコーダーを取り付けていても、映っていなければ意味がありません。

対向車線まで映せるものを選びましょう。

対向車線が映っていれば、センターラインオーバーの車や、すれ違いの事故のときに効果を発揮します。

当て逃げをされたとしてもナンバープレートが映っていれば、犯人を特定することも出来ます。

また、360度映せるドライブレコーダーもあります。

煽り運転をしてくる車に対して有効ですね。

また駐車場内は過失割合が揉めやすいのですが、そういった時の証拠としても役立ちます。

駐車監視機能があるかどうか

 

駐車中に当て逃げにあった時、犯人が見つからなければ実費負担となります。

しかも当て逃げの時は車対車+A特約は使えません

そして当て逃げ被害での保険使用は3等級ダウンです。

犯人さえわかれば、全て相手側に修理費用を支払ってもらうことができます。

また、いたずら被害などの対策としても有効ですね。

おすすめのドライブレコーダーは?

ルームミラー型ドライブレコーダー4.3インチ

こちらの商品の特徴は次の3つです。

・高画質HD

・以前の商品から改良され、対向車線もばっちり映る

・ルームミラー型なので邪魔にならない

ドライブレコーダーですが、ルームミラー型なので一切邪魔にならないです。

フレームレスに改善され、よりスタイリッシュな印象となっています。

もちろん専用のミラーを使用しているので、通常のルームミラーとしての機能が下がるということはありません。

※後方の映像を録画することは出来ません。

ルームミラー型ドライブレコーダー4.3インチ

360度録画ミラー型ドライブレコーダー&バックカメラセット

こちらの商品の特徴は以下のようになっています。

・ルームミラー型なので邪魔にならない

・360度録画可能

先ほどの商品と同じようにルームミラー型なので一切邪魔になりません。

最大の特徴はフロントカメラとバックカメラがついており、360度録画できることです。

フロントカメラとバックカメラを個別購入すると21,600円となりますが、

セット価格のため19,800円とお得になっています。

360度録画ミラー型ドライブレコーダー&バックカメラセット

ドライブレコーダーの価格の相場は?

気になる相場ですが、10,000円~20,000円というのが一般的です。

3,000円~5,000円という低価格もあるのですが、肝心な事故の瞬間が映っていなかったという非常に悔しい思いもする方がいらっしゃいます。

せっかく取り付けるのであれば10,000円~20,000円ほどのものをおすすめします。

まとめ

ドライブレコーダーが無いことで、事実に反する結末になってしまうというのは実際に起こるのです。

担当者時代、お客様の非常に悔しい思いが伝わりながらも、証拠がないため力になり切れない、という思いをしてきました。

自動車保険に年間で数万円、あるいは10数万円という金額を払って加入していると思います。

何かあった時のための保険ですが、ドライブレコーダーも同じです。

何かあった時のためのもので、しかも1~2万円で助けられるのです。

もちろん毎年1~2万払うわけではなく、購入してしまえばそれっきりの支払いです。

理不尽な事故から守るためと考えれば、決して高い買い物ではありません。

安心するカーライフを送るためにもドライブレコーダーの購入は検討してみてください。



関連記事

関連記事がありません。

error: Content is protected !!