車両保険の免責金額の意味とは?5-10とか0-10ってどれがいいの?

車両保険を付けるときに、免責金額というものを設定します。
0-10や5-10など色々な種類があります。
免責金額について説明いたします。




免責金額とは?

車両保険の免責金額とは自己負担額のことです。

例えば免責金額5万円で設定すると、保険を使っても5万円が自己負担する金額ということです。

例えば自分の車の修理費用が15万円、免責金額が5万円とします。

そうすると保険を使っても、5万円は実費で払い、残りの修理費用の10万円が保険から出るということです。

修理費用が4万円で免責金額が5万円だとすると、修理費用が免責金額内のため、車両保険が使えず、自分で修理費用を払う、ということです。

これが免責金額の基本的な考え方です。

 

免責金額の設定の種類 0-10、5-10などどういう意味か

免責金額を設定するにあたり、色々な種類があります。

例えば0-10について考えてみます。

これは保険期間内の1度目の事故であれば、免責金額0円なので自己負担額はなし。

2回目以降の事故は免責金額(自己負担額)が10万円ということです。

これは保険期間内の話なので、契約を更新するとリセットされて、また1度目の事故は0円、2回目以降が免責金額10万円となります。

5-10であれば1度目の事故が免責金額5万円、2回目以降が10万円ということですね。

 

車対車免ゼロ特約って何?

保険会社によっては車対車免ゼロ特約(名称も保険会社によって異なる場合があります)というものがあります。

これは一般的に免責5-10の場合のみ付けられる特約です。

車同士の事故の場合、免責金額5万円が発生せず自己負担額がなくなる特約というものになります。

これは免責金額5万円の時のみで、免責10万円、つまり保険使用が契約期間内2回目以降は免責0とならず、通常の自己負担になります。



対物保険やその他の保険のみを使っていた場合は1回としてカウントされるのか?

事故よっては車両保険を使わずに、対物保険だけを使う、対人保険だけを使う、というケースがあると思います。

その後、もう一度事故に遭い、今度は車両保険を使う必要が出たとします。

その場合は、免責金額について、例えば0-10の設定だとすると、自己負担は0となります。

あくまで車両保険を契約期間内に何度使ったか、ということなので、契約期間内に保険を使用していたとしても、車両保険を使っていなければよいのです。

 

結局免責金額はどの設定がよいのか?

免責金額によって保険料は変わります。

例えば免責0-10→5-10(車対車免ゼロ有)→5-10(車対車免ゼロ無)→10-10の順に保険料が安くなっていきます。

0-10の方が自己負担のリスクが減る分、保険料が高くなるということですね。

どれが正解ということはありません。ご自身の車の価値によって保険料を払うかが変わってくるからです。

人によってはそもそも車両保険を付ける必要がないと判断される方もいるでしょう。

ちなみに私は車両保険5-10(車対車免ゼロ無)で設定しています。

 

 

以上車両保険の免責金額についてでした。

車両保険の免責金額で保険料を節約することが出来ます。

ご自身の車両保険の免責金額がどのようになっているのか確認いただき、保険料節約のきっかけになれば幸いです。



関連記事

今更聞けない自動車保険(任意保険)と自賠責保険の違い

そもそも示談交渉の意味とは?示談代行サービスについて

直前停止とは何秒から?過失割合はどうなるの?

等級ってなに?他社に乗り換えたら等級はどうなるの?

自損自弁の示談をすることのメリット・デメリットとは?

相殺払いとクロス払い 過失事故の2種類の支払い方法とは?

error: Content is protected !!