ダイレクト保険と代理店型保険のメリットデメリットを比較

元事故担当者タキノベです。

私はダイレクト自動車保険の会社に7年、代理店型保険の会社に3年勤めました。

それぞれ特徴があり、メリットデメリットはあります。

どっちがいい!ということはなく、人によってダイレクト型の方が良かったり、代理店型の方が良かったりします。

経験から学んだことを踏まえて、特徴を説明していきます。

あなたに合った保険会社を見つけましょう。

 

代理店型自動車保険の特徴は?

代理店型とは、その名の通り代理店を通して保険会社と契約を結びます。

代理店の担当者と対面式で直接保険の内容などを相談して決めます。

今までは書面での契約取り交わしましたが、現在ではiPadなどのタブレットを使って契約をするところも増えてきています。

代理店型のメリット

代理店の担当者が保険のことを説明してくれる

保険の知識が全くなくても、担当者が全部教えてくれます。

申し込み手続きをほとんど代理店が対応してくれるので、手間がはぶけるというメリットもあります。

代理店によっては事故現場にかけつけてくれる

「相手の保険会社は現場に来てたよ?」と言われることがありましたが、保険会社の担当が現場に行くことはまずありません。

現場にかけつけてくれるのは代理店です。
保険担当者でなくでも、知っている人が現場に来てくれるだけで、安心できます。

代理店型のデメリット

保険料が高くなる代理店型の自動車保険は、保険会社が代理店に払う費用が発生します。経費がかかる分、どうしても保険料が上がってしまいます。

いい代理店とは限らないよい代理店と巡り合えれば、保険料が上がった分以上の価値があるでしょう。

・現場に来てくれる。
・事故の対応も保険会社との間に入って、代わりに自分の気持ちを伝えてくれる
・様々な手続きを最低限で済むように代わりに対応してくれる

などなど。
そこまでを対応してくれる代理店であれば、保険料を支払う価値が充分にあります。

しかし、そんな代理店は現実的に少ないです。

それどころか保険知識もろくにない、営業力だけでやっている代理店もあります。

代理店から「車両保険のエコノミーA特約って何?」と聞かれたこともありました。

通常の保険に詳しくない人でしたら知らないのは当然です。

でも保険を売っている代理店が保険内容を知らないのは論外です。
保険のことを知らないで、契約者に合った保険プランが提案できるわけがないからです。
良い代理店でなかったときは、デメリットが大きくなってしまいます。

ダイレクト自動車保険の特徴は?

通販型・ネット型などと呼ばれるダイレクト自動車保険。

代理店などを介さず、契約者と保険会社でその名の通りダイレクトで契約を結びます。

直接店舗に足を運ぶことなく、インターネットや電話で契約することが出来るのが特徴です。

ダイレクト自動車保険のメリット

なんといっても保険料の安さです。

代理店にかかる経費を削減できている分、保険料の安さを実現しています。

保険料が安くなると、節約はもちろん、浮いたお金で補償内容を充実させることが出来ます。

代理店型では保険料が高くて車両保険を付けることが出来なかったけど、ダイレクトなら安いから車両保険がつけられる!なんてことになるのです。

ダイレクト自動車保険のデメリット

デメリットは自分で補償内容を選ばないといけないことです。

代理店型は保険内容のプランを提案してくれますが、ダイレクト型はすべて自己責任です。

まったく保険知識がないという方には難しいかもしれません。

とはいっても、カスタマーセンターなどへ問い合わせれば保険内容など教えてくれます。

事故対応力はどっちが上?

よくダイレクト型の事故対応は信用できない。
事故対応で選ぶなら代理店型が無難。

などといった口コミを目にします。

実際のところどうなのでしょうか?

元担当者としての意見を述べさせていただきます。

代理店型・ダイレクト型どちらでも勤務しましたが、ダイレクト型が劣っているとは思いませんでした。

むしろ2015年~2017年の3年間の顧客満足度ランキングのすべて1位はダイレクト型の保険会社です。
(2015、2016年の1位がソニー損保、2017年の1位がチューリッヒ)

現場に来てくれるというサービスを期待するならば代理店型のほうが良いでしょう。
代理店によって異なりますが、現場まで駆けつけてくれる代理店はあります。

保険会社の事故対応力の記事はこちら

【2018年決定版】保険会社の事故対応ランキング【元担当が解説】

補償内容はどっちが上?

若干の差はありますが、おおまかな保険内容はどこの会社も同じです。
補償内容で保険会社を選ぶ必要はありません。
同じ金額での補償内容ということであれば、ダイレクトの方が有利でしょう。

保険料が安い分、さまざまな特約やオプションを追加することが出来ます。

 

代理店型はこんな方にオススメ

・インターネットが信用できない
・じっくり保険内容を相談してから決めたい

こんな方には代理店型がオススメです。

対面式なので、直接担当者に気になった疑問を聞くことが出来ます。

インターネットや電話での契約ではちょっと不安、という方には代理店型が良いでしょう。

自分にとって合う保険内容はどのようなものか。

直接色々相談できるのは代理店型の大きなメリットです。

ただし、自分の評価(ノルマ)のために、とにかくたくさんのオプションを付けてもらおうと営業してくる代理店もいるので注意が必要です。

ダイレクト自動車保険はこんな方にオススメ

・保険料を安く抑えたい
・店舗に行くのが面倒、自宅で契約を済ませたい

なんといっても保険料の安さです。

保険料を抑えたい、と考えているならばダイレクト保険の一択です。

特にこだわりなく、代理店型の保険で契約していたのなら、ダイレクト保険に変えることをおススメします。

保険内容を変えることなく、年間保険料を大きく節約することが出来ます。

 

一括見積はダイレクト型・代理店型の保険料を一括で確認できます。

ぜひダイレクト・代理店型の違いを見てみたい方は一括見積で比較してみましょう。

おススメのダイレクト自動車保険の一括見積サイト

インズウェブ

利用者は900万人を突破した一括見積サービスです。

20社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を扱っており、最短5分で見積もりを比較することが出来ます。

各社の保険料・補償内容・サービス内容を簡単に比べることが出来ます。

もちろん一括見積は無料です。

インズウェブの一括見積もりを利用して、安くなった額はなんと30,035円です。

インズウェブの一括見積はこちらから

 

>>自動車保険一括見積もり

関連記事

ゴールド免許特約の割引率を保険会社ごとに徹底比較

2018年事故対応満足度ランキング1位はソニー損保

2017年事故対応満足度1位はチューリッヒとJ.D.パワーが発表

地方住まいはダイレクト保険のデメリットにならない3つの理由

そもそも保険会社って何するの?事故対応から解決までの流れは?

過失交渉に強い保険会社とは?保険会社の規模・力関係は影響ない