どこからが事故車・修復歴ありの査定になるのか?その基準とは

車を傷つけてしまったとき、事故車扱いになるのか心配になると思います。

査定に出すときのことを考えれば、だれもが考えることですね。

一口に車の傷と言っても、いろいろな傷があります。

かるく擦ったかすり傷・飛び石でガラスに傷・バンパーに傷やへこみなどなど。

今回は事故車扱いについて説明いたします。

 

事故歴と修復歴の違いとは?

事故歴とは事故によって傷がついたことのある車を指します。

大きな事故、小さな事故すべてを全ての事故を含みます。

かすり傷などの車も事故歴となりますが、査定には大きく影響はしません。

査定に影響してくるものは修復歴があるかどうかです。

一般的に事故車扱いとされるものは「修復歴」のことを指します。

修復歴がある車は、売るときに買取店やディーラーにあらかじめ伝える必要があります。

もちろん、きちんと査定するときに、修復歴があることは分かります。

なので黙っているのは、心証も悪くなりますし、後々のリスクありません。

修復歴があるときは、きちんと告知しましょう。

ではどこからが修復歴になるのか説明していきます。

修復歴となる車の基準とは?

車の骨格となるものを修復、修理したり、交換したものが修復歴のある車となります。

 

(引用:一般社団法人 日本自動車査定協会

①フレーム(サイドバンパー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア

この①~⑧までが骨格と呼ばれる部分です。

ねじ止め部分は骨格にはあたりません。

①~⑧のどれかを修理している場合、修復歴のある車との判断になります。

 

保険会社が判断する事故車、格落ち損害を認定する基準とは?

 

事故によって、一般的には車の価値が下がってしまいます。

修復歴のある車など、車の査定額が下がってしまうことを、保険会社の用語で格落ち損害と言います。

保険会社はなかなか格落ち損害を認定しません。

車はもともと売る予定がなく、乗りつぶす予定だったかもしれません。

あるいは今回事故に遭わなくても、今後大きな事故に遭うかもしれません。

そういった不明確な損害は保険会社は基本的に認定しません。

しかし格落ち損害が認定されることがあるパターンが大きく分けて2つあります。

車の内部骨格に損傷がある&新しい車である

この2つの条件が揃っていると認定されやすくなります。

どちらか片方だけでは難しいです。

内部骨格に損傷があれば、修理しても修復歴ありの車になってしまいます。

つまり車の評価額が落ちます。でも、古い車の場合は認定されにくいのです。

 

しかし新しい車であれば、認められるケースがあります。

新しい車、というのは初度登録1年以内の車が目安でしょう。

あくまで目安のなので、保険会社によっても幅があります。

ちなみにこちら側から希望を出さない限り、保険会社から格落ち損害の提案してくれることはまずありません。

ダメもとでも、自分から格落ち損害について請求しましょう。

※ゴリ押ししても認められないケースはあります。

車の買取(査定額)が決まっていた場合

売る予定が決まっていて、さらに値段も決まっていた場合はかなりの確率で認められるでしょう。

例えば

100万円で売れる予定の車が、事故に遭ってしまった。
修理したが、修復歴のある車になってしまい、価値が80万円になってしまった。

このような場合は修理費用のほかに20万円の損害を認めてくれる可能性が高いです。

ちなみに、これは口で売る予定だった、と言うだけでは認められません。

実際に売る予定だった証明は必要になります。

 

では売る予定だった車を、修理してから格落ちを請求するべきか?

答えはNOです。

事故車は修理せずに修理金額を金銭的にもらい、事故車のまま買取に出しましょう。

もちろん車の車種や、事故車の具合にもよって変わる可能性があります。

まずは修理見積と事故車がいくらで買取できるのか査定してもらいましょう。

車を高く売るならユーカーパック

事故車を高く売るのであれば、ユーカーパックがオススメです。

ユーカーパックは最大2000社の買取業者が競って入札します。

一括査定よりも高く売れる可能性が高いです。

また、買取業者には車両情報のみが伝わるので、個人情報は流れません。

そのため、営業の電話が来るといった心配は一切無用です。

カンタンな情報を入力するだけで、無料の査定が出来ます。

もちろん査定の金額に納得がいかなければキャンセルすることも可能です。

1分ほどで入力も終わります

事故車を高く売りたい方、事故車がいくらで売れるのか知りたい方はぜひお試しください。

事故車がいくらで売れるか調べる

関連記事

知っておくと便利!ボディカラーで車買取査定が高くなる?

車が高く売れるオススメのタイミングとは?何月に買取に出す?

事故で傷ついた車を修理しないで保険金をもらうことが出来る