1等級では契約更新や加入が出来ない?加入できる保険会社は?

1等級というのは自動車保険の等級の中でいちばん下の等級になります。

一番上の20等級と比べて事故を起こす可能性が高い1等級の方はあまり契約したくない、というのが保険会社の本音です。
もちろん、たまたまついていない事故が連続して起こっただけで、1等級になってしまったというケースもあります。

たまたま不運でなった1等級と事故多発者の1等級。保険会社にとっては残念ながら区別はつきません。
そのため1等級の方は契約を引き受けないという会社、保険継続をしないということは珍しくありません。
車を乗る人にとって、保険に入れるかどうかは死活問題です。

自賠責だけで1年間乗り切ろうとするのは絶対やめましょう。1等級でも絶対に保険に入るべきです。

相手に弁護士を入れられれば、自賠責上限は簡単に超えますし、高級車とぶつかる可能性もあります。
そんな時に無保険だと、悪い方向で人生が変わってしまいます。
1等級でも加入できる保険会社はあります。そのことについて説明していきます。

1等級でも契約は出来る保険会社の探し方

保険会社に継続を拒否された場合、当然焦ります。

しかし、契約できる保険会社はありますので安心ください。1等級できる保険会社の探し方は簡単です。
それは一括見積を利用することです。
契約が出来ない保険会社は一括見積を利用しても、見積もりが出てきません。

一括見積をして、見積もりが表示された会社の中からどこに加入するのか検討すればよいのです。

1等級の保険料は64%の割増率

3等級までは、保険料が割増しとなります。

1等級 64%増し
2等級 28%増し
3等級 12%増し

1等級の場合、保険料がかなり高くなります。

1等級~3等級の間は保険内容を最小限にして、保険料を抑えるのも一つの手です。保険内容を最小限とはいっても対物保険・対人保険はつけたいですね。
安い保険会社で保険内容を抑えるのが効果的な節約術です。
一括見積で、保険料を抑えるシミュレーションをしてみましょう。

 

引受制限があるので車両保険を付けるのは難しい

1等級の方は引受制限といって、契約が出来たとしても契約内容に制限がかかることがあります。

その中の代表的な例が、車両保険を付けられないということです。

他にも連続で事故を起こしている方は対物保険に免責金額(自己負担額)の設定をさせられたり、そもそも対物保険を付けることが出来ないケースもあります。

 

等級の虚偽申請はバレる

「低い等級になってしまった。解約して、新しい保険会社に新規として加入しよう。そうすれば6等級に戻る!」
と思いつくでしょう。

しかし、等級というのはすべての保険会社で情報が共有されています。

情報連携が遅れ、運よく(?)6等級で他の保険会社で契約が出来たとしても、あとから必ずバレます。

虚偽の申告は後々トラブルになり、契約者にとってもデメリットが大きいのでやめましょう。

バレたあとどうなるのか?

保険会社にもよって対応が異なりますが、代表的なものを紹介します。

・正しい等級に訂正し、保険料の差額分は請求
・保険料の差額分を請求されたうえで、保険契約を強制解除
・事故が起こっても、告知義務違反のため、保険金を払ってもらえない

などなど。

事故が起こっても保険金を払ってもらえないのであれば、保険に入っている意味がなくなります。

等級を偽ってもバレてしまうので、正しく申告しましょう。

 

自動車保険の名義変更しても等級は引き継がれる

家族間で契約者を変更しても、等級はそのまま引き継がれます。

1等級を名義変更でリセットすることは出来ません。

逆に20等級など良い等級もそのまま引き継がれます。

車を買い替え、車両入替では等級は変わらない

名義変更でダメなら車両入替ならどうか、と思いつくと思いますが、車両入替も等級リセットは出来ません。

契約している等級が、新しい車にそのまま引き継がれます。

 

2台目の車を購入した場合の等級は?

新しく2台目の車を購入した場合、新しい車の契約は新規契約なので6等級からスタートになります。

つまり1等級の契約の車と6等級の契約の車の2台持ちということです。

勘の鋭い方は、車を買った後、すぐに1等級の契約を解約して、6等級だけ残るいいのでは?と考えます。

しかし、それも通用しません。

1等級の車を13か月以内に廃車にして解約したとすると、新しい車の契約に1等級が引き継がれてしまうのです。

なかなか外せない呪いの装備みたいですね。

1等級の契約を13か月継続したあとの解約であれば、新しい契約の等級を残すことが出来ます。

 

等級をリセットする方法は13か月以上無保険になる事

車を一回保険契約解約して、すぐに契約をし直しても前の等級が引き継がれます。

しかし、契約を解約してから13か月以上経ってから新規加入をすれば、今までの等級をリセットすることが出来ます。

つまり、1等級の人も6S等級になります。
車をあまり運転しない人には、アリでしょう。

ただ、「運転はするけど、等級リセットするために13か月無保険で車を運転しよう。」というのは絶対に止めましょう。
無保険で13か月も運転をすることはリスクが大きすぎます。
年間の保険料を少しケチろうとしたばかりに、大変なことになってしまうのです。

高級車にぶつけて相手が怪我をした時は大変です。

自賠責に入っているから怪我は平気と思っているあなた。

自賠責の基準を超えるのは珍しいことではありません。高級車の修理費用で100万円以上、怪我で200万円以上、合計300万円の借金を負ってしまう、なんて場合もあるのです。
事故を起こした時のための保険です。

保険料を安くするために、13か月も無保険で運単するなどは本末転倒です。
1等級や2等級など等級が低い方は、等級をリセットすることを考えずに、保険内容や保険会社を見直して保険料を節約することを考えましょう。

1等級の方こそ一括見積もりを利用すべき理由

1等級や2等級の方は保険料がどうしても高くなります。

また、加入できる保険会社も限られます。
そんな人におススメの方法が一括見積です。

一括見積であれば、まず加入できる保険会社を見つけることが出来ます。

そして、その中から安い保険料の会社を選ぶことが出来るのです。

加入できる保険会社を探しながら、保険料を節約するならぴったりの方法です。

おススメのダイレクト自動車保険の一括見積サイト

インズウェブ

利用者は900万人を突破した一括見積サービスです。

20社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を扱っており、最短5分で見積もりを比較することが出来ます。

各社の保険料・補償内容・サービス内容を簡単に比べることが出来ます。

もちろん一括見積は無料です。

インズウェブの一括見積もりを利用して、安くなった平均額はなんと30,035円です。

インズウェブの一括見積はこちらから

>>自動車保険一括見積もり

 

 

関連記事

過失交渉に強い保険会社とは?保険会社の規模・力関係は影響ない

外車・高級車は保険料が高い!ダイレクト保険にするべき?

ダイレクト保険と代理店型保険のメリットデメリットを比較

そもそも保険会社って何するの?事故対応から解決までの流れは?

2017年事故対応満足度1位はチューリッヒとJ.D.POWERが発表

地方住まいはダイレクト保険のデメリットにならない3つの理由

error: Content is protected !!