【過失割合】100:0となる交通事故は4パターン

事故が起こった時に、気になることが過失割合です。

一方的にどちらかが悪い事故を100:0の事故と言います。

どちらの車も動いていれば100:0にはならない、と思っている方も多いです。

一部正解ですが、必ずしもそういうわけではありません。

100:0の事故となるケースは大きく分けて4パターンあります。

ひとつずつ見ていきましょう。




追突事故の過失割合は100:0

後ろから前方の車両にぶつかってしまう事故ですね。

車同士の事故で、追突事故は1番多い事故の種類となります。

いわゆる「おかまを掘る」というやつです。

追突と言っても

・赤信号待ちの車にブレーキが間に合わずに追突
・渋滞中の車にうっかりブレーキを離してしまい追突、などなどあります。

基本的にすべて100:0、後方の車が悪くなります

走っている前の車が急ブレーキをかけたとしても、後方から追突をした車が悪いのです。

前方の車が急ブレーキをかけたとしても、後続車は対応できるような車間距離を空けていないといけない、という考え方です。

悪意のある急ブレーキであれば100:0とならないこともあります。

関連記事「前の車が急ブレーキ!追突事故の過失割合は?煽り運転の場合は?

赤信号無視の過失割合は100:0

信号無視の事故は、どちらの車も動いていると思います。

青信号を走っている車と赤信号無視した車の事故は赤信号を無視した車が一方的に悪くなります。

赤信号無視した車が100%悪い事故、つまり100:0の事故となります

ちなみに赤信号を無視したのが車でなく、自転車や歩行者の場合は100:0とはなりません。

関連記事「お互いどっちも青信号の主張?過失割合はどうなる?

 

センターラインオーバーの過失割合は100:0

対向車線との事故でセンターラインオーバーをした場合は100:0となります。

センターラインを越えて、対向車線にはみ出すと、対向車線側の車は避けようがありません。

そのためセンターラインを越えた車が一方的に悪くなります。

センターラインがない道路の場合は、どちらが寄ってきたということが分からないことが多く、50:50となることがあります

路上駐車の車があり、それを抜かすためにセンターラインオーバーした場合は100:0とならないケースもあります

関連記事:「対向車とすれ違い事故の過失割合は?センターライン有無で変わる

駐停車車両への接触は100:0

駐車中の車に接触した場合は100:0です。

駐車禁止場所に停めている車や、少し前まで動いていて、直前に停止した車との接触は100:0とならないことがあります。

エンジンをかけている限りは100:0にならない、と言っている方もいらっしゃいますが、必ずしもそうではありません。

ちなみに経験上、駐車場内の事故は過失割合が揉めることが多いです。

なので私は駐車場の事故を担当するのはあまり好きではありませんでした(笑)。

関連記事「直前停止とは何秒から?過失割合はどうなるの?

まとめ

以上の4パターンが一般的な100:0のケースです。

一般的というのは、状況によって多少変わる可能性があるからです。

もちろん他のケースでも100:0となるケースもあります。

代表的なものが先ほど述べた4パターンです。

この4パターン以外であれば、両者が動いていれば100:0とならない可能性が高いです。

例えば一時停止無視の車との事故は、残念ながら100:0とはなりません。

80:20が基本的な割合です。

関連記事「一時停止無視の出合い頭事故が100:0にならない理由とは?

 

事故に遭ったら、まずは自分の保険会社に連絡することが大事です。

自分は全く悪くない事故と思っていても、実はそうではないケースもあります。

保険会社に連絡しただけで、保険を使ったことにはなりません。

保険を使わなくても無料で相談に乗ってもらうことが出来ます。

もちろん等級にも影響はありません。

一人で悩まず、保険会社と相談しましょう。

関連記事「事故対応力が良い保険会社は?【元事故担当者が徹底解説】




関連記事

当て逃げ事故の警察の対応や免許の点数は?過失割合は変わる?

過失割合ってそもそもなに?誰がどうやって決めるの?

点滅信号の事故過失割合はどうなるのか?点滅信号の意味とは?

自損自弁の示談をすることのメリット・デメリットとは?

一時停止無視の出合い頭事故が100:0にならない理由とは?

同じ保険会社同士の事故の場合、過失割合や賠償など大丈夫か?