プロフィール

初めまして。元事故担当者のタキノベと申します。

このサイトでは、自動車保険に関することを説明していきます。

私は今まで保険会社(代理店型保険とダイレクト保険1社ずつ)で約10年ほど事故の担当者として勤務していました。

事故の担当者とは、事故当時者(契約者)に代わり示談交渉を行うことです。

過失交渉・損害の確認や認定・病院への連絡・示談書の取り交わしなどです。

相手本人や、保険会社、弁護士などと交渉を行います。

地方への異動を理由にダイレクト保険へ転勤しましたが、合計で10年ほど働いたのち、現在は他業種で勤務しております。

約10年で1万は超えているかわかりませんが、少なくとも何千の事故と関わってきました。

オーソドックスな事故からそんな事故が起こるのか、といった珍しい事故も経験してきました。

色々な経験をしていたからこそ、自動車保険の大事さを理解しているつもりです。

いくら自動車保険に加入していても、契約内容で補償されていなかったり、無駄に契約内容を充実させすぎて重複している部分があったり。

損をしてしまってもったいないなと思うことが多々あります。

事故当時者も、事故が起こった後、こういう保険にしておけば良かったなと思っても遅いのです。

事故のあとすぐに補償内容を増やしても、その事故は補償されないのです。

事故が解決した後、今後は気を付けようと補償内容を見直してくれる方もいらっしゃるのですが、1回事故起こったからしばらくは怒らないだろうと楽観的に考えてしまう方も実際多いです。

車に乗っている限り、誰でも事故は起こりうるのです。

事故が起こったばかりの人であろうと、1度も事故を起こしていない人でも平等です。

丁寧に運転しているから、という方もいらっしゃるのですが、事故というのは単独事故だけではないのです。

運転に自信がある方でも、例えば交差点で一時停止無視の車を避けられる方がどれだけいらっしゃるでしょうか。

過失割合(事故の責任割合)についてはまた詳しく述べさせていただきますが、一般的には優先道路走行中に走っていただけでも、一時停止無視の相手だとしても、責任は両者に発生します。

理不尽に思う方もいらっしゃるでしょうが、過去の裁判例の大多数はそのような判決になっております。

今後保険の基礎知識・事故の対応方法・過失の基本的な考え方なども述べていきます。

おすすめの特約、保険に入る際の注意なども説明していくので、当サイトを通して損をしないような保険内容に見直すきっかけになればと思います。

これからよろしくお願いいたします。



error: Content is protected !!