自動車保険の一括見積で保険料を安くする

元事故担当者のタキノベと申します。

当サイトは保険料を安く抑えるためのサイトです。

たくさんの事故対応をした経験から学んだ、知っているだけで出来る節約のポイント交渉術などをお伝えします。

自動車保険は任意保険と呼ばれていますが自動車を所有する方は、必須です。

保険に加入しなければ、事故が起こった時に悲惨なことになります。

「保険を更新し忘れた!」
「まさか事故に遭うとは思ってなかった!」

そんな無保険の事故も対応したこともありますが、まさに悲劇です。

たった1回の事故で、何百万円という支払い義務が発生した方も…。

保険は自分や家族を守るものです。

しかし、何かあった時のためとはいえ、

何でもかんでも補償していけば保険料は高くなります。

あくまで自分にあった無駄のない保険内容にするべきです。

自分にあった保険内容で、保険料を抑える簡単な方法が一括見積もりなのです。

>>自動車保険一括見積もり

保険料の安くする方法は簡単な方法は2つ

保険会社を変える

同じ保険内容でも会社が変われば、保険料は大きく異なります。

代理店型の自動車保険に加入しているのであれば、ダイレクト自動車保険の加入も検討してみてください。

ダイレクト自動車保険は、代理店への経費がないためその分保険料を抑えております。

見積もりを取ってみれば分かりますが、同じ補償内容でも保険料の節約が可能となります。

ダイレクト自動車保険の対応について不安になる方もいると思いますが、事故対応についてダイレクト自動車保険も代理店型もあまり違いはありません。

知り合いが代理店で加入した、などの特別な事情がないのであれば、一度ダイレクト自動車保険の見積もりをとってみることをおススメします。

ダイレクト保険と代理店型保険のメリットデメリットを比較

補償内容を変える

補償内容を変更すれば、当然保険料が変わります。

無駄な補償範囲の保険に加入していませんか?

年齢条件や運転者限定など確認してみてください。

運転する可能性がない年齢をカバーしたり、本人配偶者しか運転しないのに家族限定や、運転者を制限限定しない保険だったとすると、無駄な保険料を払っていることになります。

保険料とリスクを比べて割に合っていますか?

車両保険は本当に必要ですか?

運転者限定や年齢条件は必要な範囲でつけていますか?

長く使った車で、廃車を考えている車に高額な車両保険に加入している場合、保険料とリスクが見合っていないです。

もちろん車両保険に入ることが悪いことではありません。

でももし10年以上経っている車で軽自動車に、私の親族が車両保険を付けていれば、それは止めると思います。

>>車両保険は必要?保険料を節約するためのポイントを解説!

一括見積であれば、保険内容を変えた場合の見積もりをとることも可能です。

 

一括見積がおススメな理由

自動車保険の加入、契約内容の変更、乗り換えを迷っているのであれば、

おススメはダイレクト自動車保険の一括見積です。

ひとつの保険会社から見積もりを取るのと、複数の保険会社の一括見積ととるのでは

入力事項など手間は変わりません。

同じの保険内容で年間の保険料がいくらになるのか、一度に見比べることが出来ます。

また違う保険内容の見積もりをとることも可能です。

保険会社を選ぶ基準はいろいろありますが、保険料を気にしない方はいませんよね。

保険料を踏まえてから、評判や実績などを考慮すればよいのです。

自動車保険の新規加入、契約内容の変更、保険会社の乗り換えを検討するのであれば、複数の会社の見積もりを一括でとってしまいましょう。

おススメの自動車保険の一括見積サイト

インズウェブ

利用者は900万人を突破した一括見積サービスです。

20社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を扱っており、最短5分で見積もりを比較することが出来ます。

各社の保険料・補償内容・サービス内容を簡単に比べることが出来ます。

もちろん一括見積は無料です。

インズウェブの一括見積もりを利用して、安くなった平均額はなんと30,035円です。

インズウェブの一括見積はこちらから

>>自動車保険一括見積もり

error: Content is protected !!