自動車保険の一括見積で保険料を安くする

元事故担当者のタキノベと申します。

当サイトは保険料を安く抑えるためのサイトです。

また、事故対応・過失交渉などの実務経験から学んだ節約のポイントや交渉術などをお話しさせていただきます。

自動車保険は任意保険と呼ばれていますが自動車を所有する方であれば、実質的に必須で入るべき保険です。

万が一事故を起こした時のための保険なので、安かろう悪かろうの保険に加入するわけにもいきません。

しかし、全てを補償する保険であれば当然保険料は高くなります。

あくまで自分の使用する目的にあった無駄のない保険に加入するべきしょう。

自分にあった保険でありながら、保険料を抑える簡単な方法が一括見積もりなのです。



保険料の安くする方法は簡単な方法は2つ

保険会社を変える

保険会社によって、保険料は異なります。

代理店型の自動車保険に加入しているのであれば、ダイレクト自動車保険の加入も検討してみてください。

ダイレクト自動車保険は、代理店への経費がないためその分保険料を抑えております。

見積もりを取ってみれば分かりますが、同じ補償内容でも保険料の節約が可能となります。

ダイレクト自動車保険の対応について不安になる方もいると思いますが、事故対応についてダイレクト自動車保険も代理店型もあまり違いはありません。

知り合いが代理店で加入した、などの特別な事情がないのであれば、一度ダイレクト自動車保険の見積もりをとってみることをおススメします。

補償内容を変える

補償内容を変更すれば、当然保険料が変わります。

無駄な補償範囲の保険に加入していませんか?

年齢条件や運転者限定など確認してみてください。

運転する可能性がない年齢をカバーしたり、本人配偶者しか運転しないのに家族限定や、運転者を制限限定しない保険だったとすると、無駄な保険料を払っていることになります。

保険料とリスクを比べて割に合っていますか?

長く使った車で、廃車を考えている車に高額な車両保険に加入している場合、保険料とリスクが見合っていないと感じます。

もちろん車両保険に入ることが悪いことではありません。

でももし10年以上経っている車で軽自動車に、私の親族が車両保険を付けていれば、それは止めると思います。

一括見積であれば、保険内容を変えた場合の見積もりをとることも可能です。

 

一括見積がおススメな理由

自動車保険の加入、契約内容の変更、乗り換えを迷っているのであれば、

おススメはダイレクト自動車保険の一括見積です。

ひとつの保険会社から見積もりを取るのと、複数の保険会社の一括見積ととるのでは

入力事項など手間は変わりません。

同じの保険内容で年間の保険料がいくらになるのか、一度に見比べることが出来ます。

また違う保険内容の見積もりをとることも可能です。

保険会社を選ぶ基準はいろいろありますが、保険料を気にしない方はいませんよね。

保険料を踏まえてから、評判や実績などを考慮すればよいのです。

自動車保険の新規加入、契約内容の変更、保険会社の乗り換えを検討するのであれば、複数の会社の見積もりを一括でとってしまいましょう。

おススメのダイレクト自動車保険の一括見積サイト

おススメの見積もりサイトは2つです。

インズウェブ

利用者は900万人を突破した一括見積サービスです。

20社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を扱っており、最短5分で見積もりを比較することが出来ます。

各社の保険料・補償内容・サービス内容を簡単に比べることが出来ます。

もちろん一括見積は無料です。

インズウェブの一括見積はこちらから

無料の自動車保険一括見積もりサービス

保険スクエアbang!

ウェブクルーも400万人を超える利用実績があります。

19社の保険会社(ダイレクト・代理店型を含む)を取り扱っております。


見積もりを取ってみたら、現在の保険料よりも安くなった!

という方が多数います。

安くなった金額の平均はなんと25,000円。その中には50,000円以上安くなった、という方も。

もちろん一括見積は無料です。

見積もりを取った後、保険を変更・加入しなくてももちろん大丈夫です。

ウェブクルーの見積もりはこちらから

保険スクエアbang!/自動車保険

error: Content is protected !!