保険内容

任意保険の種類 車両保険の補償内容と特約について

更新日:

車両保険とは自分の車が傷付いた時に、補償してもらえる保険です。

自動車保険に入っている=自分の車も直せると思っている方は少なくありません。しかし自動車保険に入っていても、この車両保険を付けていなければ自分の車は対象になりません。

私は対人保険、対物保険は絶対に加入すべきと考えていますが、車両保険は絶対に加入すべきとは思いません。付けるべき人もいれば、そうでない人もいると思います。それぞれのお持ちの愛車の車種や価格によって決めるべきでしょう。車の新しさや価値、値段によって付けるべきかどうかです。
そして車両保険にも種類があります。保険会社によって若干異なりますが、大まかには同じなので説明していきます。



一般条件

これは全ての事故において、自分の車に傷がついたときに対応できる保険です。

単独事故、車同士の事故、いたずら被害など全ての事故でOKです。

一番補償範囲が広いので一番安心の保険ですが、その分保険料は上がります。

車対車+A特約(エコノミータイプと呼ぶところもあります)

なんとなく名前を見て想像つくかもしれませんね。車同士の事故の損害だけ対応できる、という保険です。ちなみにバイクとの接触も大丈夫です。しかし、自転車との接触傷は対象外となります。

また相手の車(バイク)が特定できていることが条件になります。なので車から当て逃げされて相手が特定できない場合は対象外です。

あと稀にあるのが、車同士の事故で、「いいよ自分で直すから」といって連絡先を交換せずに別れてしまった場合。これも相手がわからないので対象外となってしまいます。
車対車は文字通りですが、+Aというのも気になりますね。

Aの部分としては飛び石被害やいたずら被害、盗難、台風被害などが対象になります。

保険会社によっては単独事故でも窓ガラスだけは補償してくれるものもあります。



車対車限定特約

これは文字通り車同士の事故の損害だけ対象となるものですね。バイクとの接触も同様にOKです。車対車+Aよりも対象の範囲が狭くなる分、保険料は安くなります。ただこの特約は扱っている保険会社が今は減っています。一般条件と車対車+Aの二種類が主流です。

まとめ

車両保険は付けるのと付けないので保険料はかなり変わってきます。しかし、車両保険を付けるにしても、上で説明したように車対車+Aなどにすることによって比較的金額を抑える方法もあります。運転に自信はあるから大丈夫という方でも思いがけない車が飛び出してくるかもしれません。また、飛び石なんて避けようがありません。そんな時のために付けるのが車両保険です。
新しい車、高い車は入っておく価値はあると思います。逆に買ってからだいぶ経った車などであれば車両保険を外すというのも選択肢の1つだと思います。

自分の車の価値や保険料を考えて車両保険を付けるかどうか、車両保険の中でも範囲を狭めるかどうか検討してはいかがでしょうか。



-保険内容

error: Content is protected !!

Copyright© 元事故担当者が教える得する自動車保険 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.