事故後の対応

知らないと損をする?全損と判断されたときの時価額の誰にでも出来る交渉術その1

投稿日:

大きな事故であれば、全損と判断されることがあります。

全損というのはなんでしょうか。文字からも少し想像がつくかもしれません。

今回は細かく説明していきます。

特に被害事故の場合、時価額の交渉について大きな損をしてしまいます。

時価額の交渉術は非常に簡単で、知っているか知らないかだけで差が出て言います。

そのあたりも触れていきます。



全損とは

全損には2種類あります。

物理的全損と経済的全損です。

物理的全損とは

車が修理不可能なまでに損害を受けてしまった状態のことを指します。

文字通り物理的に治すことが出来ない、ということですね。

 

経済的全損とは

修理することは出来るけれども、修理費用が時価額を超えてしまうことです。

時価額とはその車の価値、価格のことです。

例えば修理見積もりは30万円だけど時価額が20万円しかない。

このような状態を経済的全損と言います。

 

今の修理技術では物理的に修理できないということは、ほとんどありません。

保険会社が言う全損とは、経済的全損のことを指していると考えてください。

全損についての用語説明は以上です。

 

全損扱いになった時どうすればよいのか?

全損扱いとなってしまった時に、あなたが取る選択肢は2つです。

それでも修理するか、時価額を現金として受け取るか、この2つです。

 

修理する場合

修理すること自体は出来ます。

しかし賠償上、時価額が限度なのです。

時価額を超えている分の修理費用は実費負担になります。

出来るだけ時価額が高ければ実費負担が少なくなります。

相手が対物超過特約に加入していれば問題ありません。

対物超過特約については、こちらを参照ください。

任意保険の種類 対物保険の補償内容とは

時価額を現金として受け取る

修理しないで、時価額を現金として受け取ることが出来ます。

事故車両をそのまま乗る、廃車にするということは自由です。

時価額が高く認定してもらえれば、それだけ受け取る金額が増えます。



時価額の交渉術とは?

交渉術というと大げさに聞こえるかもしれません。

すごく簡単な話なのです。これを知ってさえいれば、かなりの高確率で時価額を上げてもらえます。

答えから言ってしまうと中古車市場を調べればよいのです。

保険会社はどのように時価を提示しているのか?

まず保険会社も基準もなく提示しているわけではありません。

がどのように時価額を算出しているかというと、レッドブックという本を参考にしています。

レッドブックとは、月刊誌「オートガイド自動車価格月報」の通称です。
この本は様々な車の車種・グレード・年式に応じた価格が載っている本です。
保険会社はこの本を基準に出します。

裁判でも参考となる資料であります。必ずしも時価額はレッドブックが全てというわけではありません。

中古車市場を調べて市場平均がレッドブックより高ければ、中古車市場も考慮します。

しかし保険会社はほとんどのケースレッドブックの価格で提示してきます。

それも裁判の基準の一つなので間違いではないのです。

 

中古車市場はどのように調べるのか?

保険会社の担当者に言えば調べてもらえます。

「市場性も考慮してほしい」と言えば、調べてくれるでしょう。

自分で調べたい場合はグーネットなどのサイトで、調べることが出来ます。

車種・グレード・年式・走行距離などを入れれば

本当にそれだけで時価額があがるのか?

市場性が高ければ、時価額はかなりの確率で上げられます。

担当者が示談をして、最終的に決済をするのはその上席になります。

基本的には金額を決めることは担当者に一任をされています。

時価額などを上げるときも根拠があれば、担当者判断で時価額を上げることが出来るのです。

まれに市場性よりもレッドブックの価格の方が高いケースもあります。

その場合、時価額を上げることは基本的には難しいでしょう。

 

以上、全損についてと時価額を上げる交渉についてでした。

時価額についてはすぐに担当者が提示したもので示談してしまうともったいないケースがあります。

時価額をすぐに諦めず、保険会社に相談してみてください。



-事故後の対応

error: Content is protected !!

Copyright© 元事故担当者が教える得する自動車保険 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.