そもそも過失割合ってなに?誰がどうやって決めるの?

過失割合という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。今回はこの過失割合とは何なのか、また過失割合はどのように決まっていくか説明していきます。



過失割合とは?

過失割合とは当事者間同士の責任の割合のことを指します。例えば100:0であれば一方が全て悪く、もう一方には責任がない事故のことを言います。つまり、加害者が被害者に全面的に賠償(弁償)をする事故です。
80:20だったらどうでしょうか。
Aさんが80、Bさんが20だとします。
その場合、Bさんが負った損害(修理費用など)をAさんが80%支払うことになります。
また忘れてはいけないのは、BさんもAさんの損害の20%を負担しなければなりません。

つまり過失割合とは、当事者がそれぞれの負担するべき割合を指します。Aさんが何%悪く、Bさんが何%悪いので事故が起こった、という考え方です。

過失割合は誰がどのようにして決めるのか?

お互いが保険会社に加入していなければ、当事者間の話し合いで決めます。保険会社に加入していれば、保険会社が窓口となって割合を交渉していきます。

双方の話し合いで合意が得られなかった場合、弁護士に委任をして裁判をするケースもあります。

勘違いをされている方が多いのですが、警察は過失割合について全く関与しません。関与しないというか、民事不介入と言って関与出来ないのです。
また警察は事故処理のための現場検証などは行いますが、過失割合については関与出来ません。割合で揉める時、警察にどっちが悪いか聞いて、警察は〇〇さんが悪いって言っていました、など言われる方がいますが、思わず自分の判断で言ってしまう警官もいるとは思います。しかし、警察はそもそも過失割合について一般的には詳しくありません。もともと割合について関与出来ないので、どの事故が何対何の割合で決まったか、知らないのです。なので、警察官が現場で過失割合について言うこともがあってもあまり気にしなくて大丈夫です。

何をもとに保険会社は過失を主張するのか

交通事故の過去の判例をもとにして作った資料「判例タイムズ」というものがあります。
この判例タイムズという資料は保険会社が作ったものではなく法律に携わる方々が作成したものです。
そのため実際に行われる裁判でも参考にしている資料です。色々な道路の形態・事故の状況から考えられる過失の割合が載っております。

たくさんの事故状況が網羅されております。これをもとに双方の保険会社は主張します。

契約者の希望をもとに主張はしますが、ある程度基準があるため、例えば80:20が基本的な割合の事故で、20:80で主張したところで当然相手は応じないでしょう。

もちろんイレギュラーな事故もあるため、判例タイムズに載っていないパターンもあります。

そんな時は双方の主張する状況・事故現場・損害箇所などをもとに、時には保険会社が弁護士と相談しながら主張していきます。

過失割合が決まるまでの流れ

事故の状況を保険会社に伝えます。その状況をもとに相手の保険会社へ過失を主張いたします。相手の主張も聞きます。

双方の主張する割合に合意を得られた時点で過失が決まります。保険会社はあくまで契約者の意向を確認してから過失割合の話を進めていきます。

事故の状況などを聞いたからといって、契約者の意向を聞かずに勝手に話を進めていくことはないので安心してください。

ただ相手もあることですし、必ず希望が通るわけではありません。

自身の担当者と、どの辺りが妥協点なのか、一般的にはどのような割合が妥当なのか相談しながら話を進めてもらいましょう。

保険会社が交渉してくれない場合があるので注意

必ずしも保険会社が交渉をしてくれるわけではありません。保険会社が窓口になれないケースがあります。

それは、自身が無過失(責任がない)と主張する場合です。つまり0:100の事故、またはそう主張する場合は保険会社は窓口にはなれません。

自身で相手の保険会社と話をするしかありません。しかし、自分の保険会社も相談に乗ってくれます。

相手にどういう風に主張するべきなのかなど、アドバイスをもらえるので、無過失の事故であっても契約している保険会社に連絡しましょう。

相談するだけでは、保険を使ったことにはならず、等級・保険料にも影響出ないのでお気軽に連絡しましょう。

 

次回はそもそも示談交渉ってなに?です。



関連記事

過失割合100:0の事故の種類について

一時停止無視の出合い頭事故は100:0にならない理由とは

同じ保険会社同士の事故の場合、過失割合や賠償など大丈夫か?

当て逃げ事故は過失割合よりも警察の対応が変わる

error: Content is protected !!