事故後の対応

怪我をした場合、人身届出するのと物件事故扱いとで何が変わるのか

投稿日:


怪我をした場合、警察への届出をどうするべきか、初めての事故で分からないのは当然です。
人身にするべきなのか、物損(正しくは物件事故)にするべきなのか。
怪我の対応や治療費などが変わってくるのか?
非常によく聞かれる質問だったので、説明いたします。



物損だと治療費や慰謝料は対応してもらえなくなるのか?

怪我をして、病院に行っているけれども、警察届出は人身扱いになっていない。

この場合どうなるのでしょうか。

結論から言うと、物件事故扱いでも治療費・慰謝料等も保険会社は対応します。

「でも慰謝料が減っちゃうのでは?」

一番気になるところだと思います。

こちらも変わりません。

物件事故だから、人身扱いだから、ということで保険会社は慰謝料や治療費を査定に影響しないのです。

 

人身と物件事故の違いはなんなのか?

当事者の対応が変わります

人身事故扱いとして提出する場合は、警察に診断書を提出します。

そして警察立会いの下、双方揃って現場で検証を行います。

これが手間という方は、物件のままでもよいかもしれません。

また物件事故の場合、当事者のどちらかが「人身届不能理由書」というものを提出する必要があります。

この書類は保険会社から送られてくるのですが、理由を選択して、署名捺印の上返送するものです。

この書類についてはあまり手間ではないと思います。

警察の対応が変わる

人身扱いになった場合、加害者が罰則を受けるケースがあります。

免許点数の減点・罰金などですね。

何点引かれるか、罰金がいくらになるかは警察側の判断です。

よくお客様から聞かれていましたが、事故の内容・相手の怪我の状況を気把握しても分からないのです。

警察に聞くのが一番です。

双方怪我があった場合、人身扱いになると、双方罰則が来ることもあります。

相手が人身で出していなかったのに、自分が人身にしたことによって、自分にも罰則が来てしまう、なんてこともあるのです。




まとめ

結論としてどちらで出すべきなのか?

怪我をしたのであれば、人身にするというのが通常の流れではあります。

でも人身にすることで手間というのであれば物件のままでも良いと思います。

相手によっても異なってくることですし、正解はありません。

ただ物件から人身に切り替えることはできますが、一度人身にしたものを物件に切り替えることは出来ないのです。

迷っているのであれば、ひとまず物件にして、保険会社や警察と相談してみてはいかがでしょうか。

人身・物件にしたからといって治療費等が変わることはありません。

ただし、警察届出自体は必須となります。

通常事故の場合、警察届出が義務付けられていますが、怪我がある場合は特に警察へ連絡しましょう。



-事故後の対応

error: Content is protected !!

Copyright© 元事故担当者が教える得する自動車保険 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.