今更聞けない自動車保険と自賠責保険の違い

今更聞けない自動車保険と自賠責保険の違い

自動車保険と自賠責保険の違いが分かりますか?きちんと理解していない方も少なくないです。現場対応をしている警察官でさえ、理解していない場合あるので、きちんと説明させていただきます。

自動車保険とはいわゆる任意保険と呼ばれるもので、その名の通り任意に、車の補償や怪我の補償などさまざまな補償をつけられるものです。任意保険なので入らないことも可能です。

自賠責保険とは、正式名称:自動車損害賠償責任保険というもので、強制保険と呼ばれています。その名の通り強制的に加入が義務付けられている保険です。補償内容は、他人をケガさせてしまった時の怪我(死亡も含む)を補償するものです。金額にも上限はありますし、自分の怪我については対象外です。

自賠責を加入しただけで、車や物も補償してもらえると勘違いをしてしまっている方は少なくありません。自賠責のみの加入で、何かを破損してしまった場合、すべて自分のお金で弁償しなくてはならないのです。

高級車と接触して修理費用が何百万円ということもあります。気を付けて走行していても、交差点で出合い頭の接触はなかなか避けることが難しいです。自分が優先道路でも、10~20%ほどは責任を取られることが一般的です。

そうすると自分が相手側に支払わなければならない金額は数十万円になります。そんな時は自賠責保険では一切保証されません。任意保険の範疇となります。

任意保険は示談交渉サービスというものがあります。過失割合、損害額確認、病院連絡などすべて行ってくれます。法的な賠償の考え方・過去の判例に基づいて交渉をしていきます。損害についても修理費用が妥当なのか、今回の事故の損害なのか確認します。治療費についても、病院に行った際に立替する必要がないように電話をすることができます。

自賠責のみでは、保険会社は相手への交渉も出来ませんし、病院へ連絡をすることもできません。そのため、相手への交渉はすべて自分で行わなければなりません。修理費用が妥当なのかどうか確認することもかなり手間です。治療費については自分で立替をしなければいけません。被害者に立替てもらうことも気まずいですし、毎回自分が立替えるのも大変です。書類の取り付けなどもすべて自分で行うことになります。

任意保険はあくまで任意で加入するかどうか決めることが出来ますが、車を使う限り任意保険の加入は必須だと思います。任意保険に入っていれば、状況を説明し、あとはすべて保険会社に任せればいいのです。自分が自動車保険に加入しているか分からない方はこれを機会に自分の保険の加入状況・内容について確認する機会になれば幸いです。

※自分に責任がない0:100の事故であれば、保険会社は窓口になることが出来ません。




関連記事

等級ってなに?他社に乗り換えたら等級はどうなるの?

そもそも示談交渉ってどういうこと?示談代行サービスについて

車両保険の免責金額について 5-10とか0-10ってどういう意味?どれがいいの?

error: Content is protected !!