事故が起こったらまずは何をするべきか 事故後の正しい対応とは

事故とは突然起こるものです。相手の車に傷を付けた、大切な車に傷が付いた、怪我をしてしまった。色々な状況が考えられます。まずはどうすればよいでしょうか



警察へ連絡

軽い事故でも警察は呼ぶべきです。110番をかけましょう。携帯からでもつながります。怪我があるようでしたら、救急車を呼ぶことも考えましょう。
そもそも道路交通法上で、事故が起こった場合警察届出が義務付けられています。
特にレンタカーであれば、軽微な事故でも原則必須です。
そしてトラブルを避けるため、自分を守るためにも警察は呼びましょう。
被害事故だった場合、今後相手が逃げてしまうかもしれません。加害事故だとしても、相手がどういう方か分かりません。現場ではいい人でも今後豹変する可能性だってあるのです。
もちろんそうでない人の方が多いですが、何があるか分からないのです。そういったときの為に警察届出は行いましょう。
後日警察届出も可能ですが、当事者(加害者、被者双方)揃ってから現場で行うことが一般的です。後日相手と顔を合わせるのは気まずいですし、単純に手間ですよね。事故当日なにか緊急の用事がある場合は別ですが、基本的には当日に済ませましょう。

ちなみに物損事故であれば警察届出が無くても保険対応は出来ます。ただし事故によっては必要な場合保険会社から依頼されることもあります。

保険会社へ連絡

警察へ連絡したあとは保険会社に連絡をしましょう。現場の対応のアドバイスももらえます。
また保険会社に連絡することで、相手側に安心感を与えることができます。レッカーが必要な場合、ロードサービスに加入していれば保険会社がレッカー業者へ連携してくれます。
気を付けなければならないことは、ロードサービスは保険会社の内容にもよって異なりますが、警察や自分で手配したレッカーでは対象外、つまり自己負担になる可能性があります。必ず保険会社を通しましょう。
ただ勘違いをされている方が多いですが、最初に連絡する窓口はあくまでも事故受付の部署で、事故対応する部署とは異なります。事故受付が終わった後、正式な担当者が決まり、担当者から連絡が入ります。つまり、事故現場に駆けつけることは基本ありません。代理店などであれば現場に来てくれる方もいるでしょうが、保険会社の事故担当者が行くことは原則ありません。

相手と連絡先の交換

名前、住所、電話番号。可能であれば車種や車のナンバー、相手の加入している保険会社を調べておくと、保険会社はスムーズに対応しやすいです。
また会社の車でしたら、窓口が誰になるか確認しましょう。
人によっては警戒され、教えてもらえない場合もあります。そんな時、警察や保険会社に連絡をしておくと相談に乗ってくれると思います。

連絡先を交換し、警察の現場検証も終われば現場を離れて大丈夫です。
事故担当者から連絡が来ますので、落ち着いた場所でその連絡を待ちましょう。

事故が起こると動揺してしまいます。しかし1人で対応しても落ち着くことは難しいです。第三者の人と話すと落ち着くこともあります。
まずは警察と保険会社へ連絡をして落ち着いて対応しましょう。



関連記事

事故が起こった後のやってはいけないこと 注意点

error: Content is protected !!